ガン治療の代替医療って?

こんにちは手相で生命線だけは褒められる鍼灸整骨院げんき堂 ゲット君です。

 

平成27年度の人口動態統計によりると、

死因の1位が悪性新生物(ガン)で、

2位が心疾患

3位が肺炎です。

この3つの死因が死因の約63%を占めており、悪性新生物(ガン)は28%にもなっています。

昨今、日本でもいろいろと新薬や早期発見などの画期的な医療技術が向上していますがまだまだ普及して浸透しているものでもありません。

海外を見てみると西洋医学や抗がん剤だけの治療だけではなく代替医療を用意てガン治療やガンによる様々な症状のケアも行っています。

代替医療とは「通常医療以外(保険外診療)の医療」のことをいい、ガンで例えるとガンの標準治療の手術・放射線療法・抗がん剤の投薬以外の治療法のことをいい、最新の遺伝子治療や免疫療法といったものから、サプリメントや健康食品や漢方、鍼灸などの東洋医学などをさします。別の言い方で、『民間療法』や『補完代替医療』、『先端治療』とも言われたりします。

そして、海外ではこの代替医療の分野に注目し様々な、症例実績やエビデンス(科学的根拠)を積み重ねて幅広く浸透していっています。

ではこの海外のガンの代替療法とはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

 

 

・行動療法

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、ヨガや瞑想といったものがこれに当てはまります。

主に鬱(ウツ)や不安、ストレスの軽減に対して科学的な根拠があるとされガンへの不安感や辛さガン治療へのストレスを軽減し治療のモチベーションの維持に対して有効的です。

特に瞑想や音楽療法があげられます。

 

・マッサージ

ガンの治療は体力を奪い疲労感を強く感じさせます。そういった疲労感の解消や気分の改善や気分の転換に有用とされガン治療のモチベーションを維持し、ストレスを軽減してくれます。

 

・鍼灸治療

ガンの症状やガン治療の副作用の軽減に有効とされており、吐き気やめまいなど様々な症状に対しての実績をもつ治療法です。

 

これらの他にも温熱療法という熱を体内にいれる方法やテラヘルツ派という振動鉱石によるもの、放射線によるホルミシス効果という有名なところで玉川温泉というガンの湯治場、イメージ療法という自身の細胞が頑張っている姿やガン細胞が小さくなることを考える方法、など様々な方法があります。

もちろんどの療法も100%効果があるというものでもないですし、症状が劇的に変わっていくというものではありません。

ただ、ガン治療に対して効果が無かった方や余命幾ばくもなかった方が回復した事例や報告はいくつも挙げられています。

 

そして、これらの代替医療は何もガン治療にだけ当てはまるものではありません。

普段の症状、改善しない痛みや神経痛などの症状などにもこの代替医療というものは当てはまります。

日頃の変わらない症状や改善しない症状がある際には一度別の視点でその症状の改善を勤めてみませんか?

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍼灸整骨院げんき堂

兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲Aビル124号

TEL  078-862-3295

ご質問・ご相談ホーム

 

げんき堂施術メニュー