猫背の原因と改善

こんにちは姿勢はいいが腰が低い 鍼灸整骨院げんき堂 ゲット君です。

近年、若い人の姿勢の悪さが目立ってきているそうです。

姿勢の悪さもいろいろ有りますが特に気になっているのは猫背を気にしている方が多いようです。

猫背になると周りからの印象が

  • 老けて見える
  • 頼りない自信のないように見える
  • やる気がない疲れたように見える
  • 太って大きく見える

などの印象を与えるようになります。

また、身体的影響として

  • 首周りが張って凝り固まる
  • 腰痛症のリスクが高まる(ヘルニア・狭窄症)
  • 便通の影響
  • むくみや肌荒れの要因
  • 内臓系の機能や自律神経が乱れる
精神面的な影響もあり、
  • うつ状態になりやすい
  • 不眠症の要因
  • 過呼吸の発生リスク
などが上げられています。
たかが猫背と思っていて侮っていると症状が悪化して原因不明の症状を患ってしまう可能性が高くなります。

そもそも私たちの体型というものは骨格という骨の形状に筋肉や軟部組織などが肉付いて体型というものが構成されています。

この骨格の脊柱と呼ばれる部分のゆがみやズレによって猫背が発生します。

脊柱と呼ばれる部分は25以上の骨が連結し構成されており、当然ながら筋肉や軟部組織によって支えられてその連結が維持されています。

骨同士を連結させている軟部組織は、骨同士が接して構成される関節の安定性を高めて関節の可動性を維持し関節の安定性が破綻しないように制限をかける役目をになっています。

そして、この関節の可動や体を支持しているのが筋肉で筋肉の衰退や柔軟性が低下することで体の支持がおぼつかなくなります。

この状態を長年放っておくと骨を連結し関節の安定性を高めている軟部組織は徐々に変成し劣化や固くなり関節の安定性の機能を損なうような状態になっていき、このような関節の変性や機能を損なってしまった状態に陥ったモノを修復することは難しいので早めの対処が必要となります。

つまり猫背の原因やなり易い要因として、

筋力低下と長時間に及ぶ同一の姿勢や動作が考えられます。

体を支える筋肉として、起立筋群や腹筋群が主にあげられ、これらの筋肉が働き動かしやすい環境を整えることが猫背の改善に繋がり、また脊柱の変性や機能を損なった状態のものでも筋肉の補助があると関節の支持安定に繋がり症状が緩和します。

ですので、腹筋や背筋のトレーニングを行って改善を心がけてほしいのですが、自己流や我流での方法や知識を伴わないトレーニングは逆効果になるので気をつけましょう。

なお、体を支える筋肉、起立筋群や腹筋群は歩行やランニングでも刺激され鍛えられるのでおよそあらゆるスポーツや運動でも刺激され強化されるので、腹筋トレーニングや背筋トレーニングにこだわらなくとも自身ができる運動や好きな運動を行うことで鍛えられます。

 

また、一言で猫背といっても様々な種類があり 悪い姿勢=猫背 という図式になっていたり、背中が丸まっているというイメージが強く、意識して姿勢を良くしようと無理やり背筋を伸ばし胸や肩を張るように力を入れ意識をもつ傾向が有りますが、これは実は首・肩に負担がさらにかかる姿勢になりやすく、また意識や集中力というものも長時間・長期間持続できるものではないのでないです。しかも、筋力低下猫背は筋力低下で起こっている場合が多いので腰にかかる負担が多くなるので腰痛症の原因にもなるので注意しないといけません。

ですので、トレーニング法などもその人にあった方法を行うのが最も効率的なので、セルフトレーニングをする場合は痛みや違和感を我慢してトレーニングをすることは控えましょう。

 

 

容姿・印象だけではなく健康や美容にまで影響が及ぶ猫背、自身では気づかないことがほとんどで指摘や注意を受けて気付くのがほとんどです。

最近出てきた身に覚えのない身体の原因不明の不調には隠れていた気づいていない猫背が影響しているせいかもしれません。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍼灸整骨院げんき堂

兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲Aビル124号

TEL  078-862-3295

ご質問・ご相談ホーム

 

げんき堂施術メニュー