脳トレ

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の藤長です。

東京では、コロナウイルスの陽性患者がかなり増えて来ています。大阪でも安心はできませんが、警戒しつつも1歩、1歩前に進んでいくしかないように思います。

何でもかんでも「あり」では、ないですが、ここは、自宅でじっくり脳トレはいかがでしょうか?

問題1

1,2,3に入る言葉は何でしょう。

四角に都道府県をひらがなで当てはめて

6つの単語を作れ。

は  い  ぞ  ひ  が  ぎ  

①  ▢  2⃣  3⃣  ▢  ▢

問題2

?に入る言葉は何。

と う ざ い

? ? ? ?

ヒント:縦に読むと漢字の読みになり、繋げると四字熟語になります。

梅雨空のうっとうしい中、コロナを警戒しつつ、脳トレにいそしんではいかがでしょうか。

IAS30000Rは、日本認知症予防協会から認知症予防に効果があるものとして推奨されています。

脳トレをしつつ、IAS30000Rにもかかる。究極の認知症予防かも・・・。

 

インパップ

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の濱川です。

今日は当院で取り扱っているインパップをご紹介したいと思います。

インパップとはセラミックとフェライト磁石を練り込んだパップ剤です。その遠赤外線と磁力の効果で、血流を亢進させ筋細胞・神経細胞の修復を促し患部の鎮痛効果が期待できます。また従来の湿布剤のように粘着成分などを使用していないのでかゆくなりにくくなっています。

またいやし堂では10周年イベントとしてインパップ3袋¥5940を¥5000、10袋¥19800を16000で販売致しております。非常にお買い得になっておりますので是非この機会にお試し下さい。

 

紹介チケット

堺市南区にある鍼灸整骨院受付の杉本です。

4月、5月と自粛生活を強いられ精神的に辛い状況が続いて筋力が落ちたり免疫力が低下したりと身体の不調を感じておられる方も多いのではないかと思われます。6月になって自粛生活も解除に向かい整骨院にも患者様より予約のお電話を頂く事が増えてきました。

新しい生活様式が求められ新型コロナウィルス感染予防に伴いマスクの着用が必須となり梅雨の時期にも入り熱中症にも気をつけなければならない季節です。

熱中症は気温が高い屋外だけで発症すると思われがちですが曇りの日や室内、夜間寝ている時や部屋の中でも発症します。水分や塩分が大事で水分補給として一日あたり1・2リットルを目安にこまめに摂取が必要です昨年、熱中症によって救急搬送された人の数は全国で7万1317人だそうです。めまい、立ちくらみ、筋肉痛や大量の汗が出るなどの症状の他、頭痛や体のだるさ、吐き気などの症状は医療機関へ行かれた方が良いとの事です。

熱中症の男性のイラスト

熱中症予防も大切ですが体のメンテナンスも重要です。電位治療器にかかると免疫力アップ、血流改善などの効果が期待できますし先生の施術と合わせて自粛生活で運動不足になり凝り固まった筋肉をほぐして体のケアをしましょう。

整骨院では10周年を迎え様々なイベントを開催しておりますが新たに紹介チケットが追加されました。新たに患者様を紹介してくださった方、紹介されて来院してくださった方それぞれに1000円チケットをお渡ししております。紹介は6月末日までOKですので色々な症状でお悩みの方がおられましたら整骨院までお問い合わせください。

トケイソウ

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の藤長です。

先日、ある患者さんにトケイソウの花の事を教えてもらいました。

近所からいつも歩いて来院されるのですが、通り道に花壇があり年配の男性が一人で世話をしているそうです。

会うことがあれば、会話を交わし、たまにお花を少しいただくこともあるそうで、たまたま目に付いた見たこともないお花のことで会話がはずんだそうです。

それが、トケイソウなのですが、中央部分が時計の針に見える特徴の花のことでした。

トケイソウは、熱帯原産のつる性の植物で多年草。3メートル以上になるものもあり、5月~10月の期間に開花します。(種類により異なる)開花期が長いのが特徴です。

色は、白、赤、ピンク、黄、紫。

花言葉は、「聖なる愛」「信仰」「宗教的熱情」。これらは、この植物が、キリストの処刑を象徴する花とされたことに由来するそうです。

また、パラグアイでは、トケイソウは「国花」ですって。

患者さんから僕らの知らない事を教えてもらい、僕らから身体の事、健康の事を知ってもらう。情報の共有であり、お互いを高めあえることだと思います。

皆、一人一人違うわけで、それぞれと高めあえれば、こんな素敵な事はないなあ、と、感じる今日この頃でした。

 

 

 

 

梅雨のだるさ

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の濱川です。

最近段々と気温も高くなり、梅雨入りのような湿気も相まって体調があまりすぐれない、なんとなくだるいというような声も多く聞くようになりました。

体にとって水分は必要不可欠なものですが、必要以上となって余分な水分が身体に留まると頭痛やめまい、むくみ、食欲不振などさまざまな症状を引き起こす場合もあります。

これらを防ぐには体の水の循環を良くし、余分な水分を排出する事が大事になってきます。その為には適度な運動と温めることが重要になってきます。

コロナウイルスの影響もあり外出や運動量が減っていませんか?スクワットなどであれば自宅でも手軽に取り入れやすいので習慣にしてみてはいかがでしょうか。また、暑いからといって冷たい物ばかり取っていると身体を冷やし代謝が低下してしまいます。体を温める作用のある食べ物なども積極的に取り入れ代謝を低下させないようにし今から梅雨のだるさに負けない身体をつくっていきましょう!

 

 

10周年イベント

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の藤長です。

いやし堂は、今年の4月に10周年を迎えました。

これも偏に、皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

10周年を記念して、イベントの開催を企画しておりましたが、この度のコロナウイルスの影響によりイベントを延期しておりました。

ですが、ここにきてイベントの開催が決定致しました。

来院して頂いてる患者様に対し、感謝の気持ちを込めて、少しでも喜んでもらえるような内容で催していければと思っています。

この他、限定商品の販売や第2、第3のイベントも企画予定ですので、お楽しみに。

身体の不思議

堺市南区にある鍼灸整骨院の藤長です。

なぜ体はかゆくなるのだろうか?

体がかゆくなるのは様々な原因がある。虫刺され、湿疹やアトピーなどの皮膚炎、あるいは何日もお風呂に入らなかった為・・・などです。

このような原因がはっきりしている痒みとは別に発作的に起こる痒みや、何となく体がムズムズするというタイプの痒みもあります。では、そういった原因不明の痒みはなぜ起こるのだろうか。

まず大きな要因として、皮膚が乾燥して、皮膚の表面にある角質層の水分が少なくなるためだと考えられる。これは、空気が乾燥しやすくなる冬場に多くみられます。角質層は皮膚の水分を保持する働きをするほか、紫外線や微生物から皮膚を守る働きもしています。この角質層の機能が乾燥により低下し、外からの刺激に対する防御力が弱まることで、皮膚が敏感になり痒みを誘発するのですね。

角質層の機能を弱める原因は、ちょっとした日常生活の中にもたくさんあります。

熱いお湯に長くつかったりすると皮脂が抜けるため、肌が乾燥しカサカサして痒みの原因になりますし、石けんやシャンプーなどを使いすぎても脂分が抜けやすくなります。

皮脂は洗顔でも取れてしまいます。

タオルやブラシで体をこすり過ぎると角質層が壊れてしまい、洗ったはずなのに体がムズムズしたりします。

皮膚が敏感になっているときは、お酒をたくさん飲んだり、辛い物を食べたりすると血液の循環が良くなり痒みが増したりしますよ。

その他、内臓が原因で痒みを感じることもあります。病気による体の異常をしらせるためですが。

病気で起こる痒みは持続する特徴があるので、痒みが止まらないという人は医師に相談してください。

可能性がある病気として、糖尿病、がん、肝臓や腎臓の障害、血液の病気などがあります。

今、症状がある人、または何かしら気になっている人は、IAS30000Rで電子の補給をオススメします。

脳トレ

堺市南区にある鍼灸整骨院の藤長です。

コロナウイルスの影響下の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

自粛、自粛で自宅での生活が多くなり運動不足になりがちですが、そんな中でも散歩をしたり体操をしたり、何かしら動きを出すように心掛けましょう。

問題

?に入る言葉は何でしょう。

A=るもんだ    I=えがりい

B=のこたえ    J=そのみん

C=いのぺー    K=じにある

D=のことば    L=がでてく

E=でこばう    M=すたこせ

F=こたえは    N=あんきも

G=えがきほ    O=をつかえ

H=たむくあ    P=だこーす

E     = 宝石箱

では、

I     = ?

さて、何でしょうか。

なかなか解けなかった方、全く解けなかった方はしっかりイアスに掛かりましょう。そうでない方も是非どうぞ。

答え   アイスクリーム

分かりましたか。