天気が悪いと調子が…。

阪急夙川駅、JRさくら夙川駅から徒歩6分、阪急苦楽園口駅より徒歩16分、阪神西宮駅より徒歩17分 鍼灸、猫背、骨盤矯正、慢性の痛みからパフォーマンスアップまでVIM療法が受けられる治療院 鍼灸整骨院みらい堂より

 

暑くなったり、寒くなったり気温の変化が大きい中、体調はいかがですか?

いよいよ雨の日が多くなり、梅雨がくるんだなぁと感じる今日この頃。ジメジメ、ベタベタと肌も不快感、気分もなんとなく落ち込んでしまう。

どうも天気が悪くなると気分を損ねたり、めまい、首のコリ、頭痛、腰が痛くなったり、膝、肩が痛むなど…。

いろんなところに痛みや不調を感じる。

そんなことはないですか?

そういう症状を天気痛と呼ぶそうです。

天気が変わるときには気圧が変化します。

体でその気圧の変化をこっそり感じ取ってるのですが、天気痛の方は過剰に反応してしまっているのです。

その気圧の変化は実は耳の奥で感じているんです。

耳には音を聞く働きとは別に、体のバランスをとる役割もあるんです。

耳の奥の血液循環が悪くなることで、そのセンサーに狂いがでてしまい、自律神経が異常興奮し、不調につながるようです。

こうした天気痛に対する外来がある病院は限られているようですが、耳周りの血流改善につながるお薬やストレッチを指導をされて改善がみられているようです。

ここを読んでいるあなたなら、できたらお薬は使わないで解決したい。なんてお考えじゃないでしょうか。お薬でなくても血液循環を良くする方法はあります。

なかでもこのような場合は鍼治療をおすすめしています。

鍼の刺激で耳から首周辺の血流改善を促すことができます。

どうも痛いときが天気と関連してそうだな?

直接治療してもあまり変化がないな…。

よくわからないけど相談しようかな…?

 

などなど、ぴんときた方はすぐご連絡ください。

梅雨も元気に楽しく乗り越えていきましょうね!