足首の捻挫で・・・。

阪急夙川駅、JRさくら夙川駅から徒歩6分、阪急苦楽園口駅より徒歩16分、阪神西宮駅より徒歩17分 鍼灸、猫背、骨盤矯正、慢性の痛みからパフォーマンスアップまでVIM療法が受けられる治療院 鍼灸整骨院みらい堂より

 

本日こられた患者様。1週間前に歩行中、段差があることに気付かないまま右足で踏み込んだ際グキッ。

足首が外側に捻じれるようになり、内側の靭帯を傷められた様子。

かえってわかりにくい?足首内側の靭帯損傷

整形外科に行ってきたけど、軽い方だから安静にとのことでなにもせず…。

けど歩行中痛む。ただそれよりも肩こりが…。

「足は安静にしておくよう言われたので肩だけ診てもらえますか?」とのこと。

こころの中では(足首もちゃんと診ておいた方がいいのになぁ~)と思いつつ、まだまだVIMが認識されてないなと反省。まずはご要望通りに。

首肩背中と診てみると首から肩甲骨の上、背骨のまわり方までカッチカチ。

肋骨と肩甲骨の間も動きがなく、肋骨と胸椎間にもゆとりがない…。

首の前の筋肉もパンパン。

硬くなっている筋肉というよりも、筋肉が硬くなる原因となっている他の組織を緩めていくように対応。

結果筋肉もゆるゆる。ご本人さんもスッキリ爽快に。

そこでやはり良くしておくべき足首の治療をご提案。

「悪いところを触らないので安静にしたままできる治療法があるのですがどうですか?」と。

そして座ったままVIMをちょろちょろと行う。ものの1分半くらい。

歩いてもらうと…

痛くない!!

あとは自宅でできる簡単なVIMもお伝えし、ご自身でも対処できるようにさせていただきました。

もちろんVIM療法で損傷した靭帯の修復が即座に完了するわけではありません。けれども必要以上の筋緊張は回復を妨げ、痛みの原因にもなります。

回復のサイクルが正常化するよう助けてあげる事が大切ですよね。

安静だけでそれがうまくいけばいいのですが、うまくいかないことが多いと思います。

そんな時は一度みらい堂にご相談くださいね!