TVで見た体操をして…。

阪急夙川駅、JRさくら夙川駅から徒歩6分、阪急苦楽園口駅より徒歩16分、阪神西宮駅より徒歩17分 鍼灸、猫背、骨盤矯正、慢性の痛みからパフォーマンスアップまでVIM療法が受けられる治療院 鍼灸整骨院みらい堂より

 

本日の患者様。

慢性的に右腰からおしり、太ももの外側に痛みが出る。そんな症状がもう何年も続いている。

かすかな希望を求め、改善をめざしている女性。

楽な日もあれば、辛い時もあるが、楽になっている時間が増えてきているとのこと。

ところが本日急遽ご来院。

立ち上がるのも痛くて歩くのも辛い…。

何かきっかけはありましたか??

お話を伺っていくと、

昨日テレビで猫背を治す体操をしていたので、さっそく取り入れてやってみたとのこと。

万歳をしながら背中、腰を反ったり、骨盤を前後に動かし立てたりするといった体操だったわけです。(テレビでそうしていたかは定かではないですが少なくとも本人さんはそのようにしていた。ここは重要ですよね。)

あれ??

イタタタタ…。

それから痛くてたまらず、明後日の予約まで待たずに連絡したとのこと。

お体の状態を診ると普段から硬くなりやすい、最長筋、腸肋筋、といった腰の筋肉、お尻の大臀筋、太ももの外側の腸脛靭帯がガッチガチに。

とにかく頑張り屋さんで、かつすご~く刺激にも敏感。

その患者さんの背骨は横に大きく歪みがあります。いわゆる側彎と呼ばれる状態です。

そんな中前後のバランスだけを整えるような体操をしてしまった。

通常であれば無理のない方向のなのでしょうが、その患者様にとっては限界を超えた範囲の動きをしようとしてしまったわけで、反射で筋の過緊張がおこり、痛みを引き起こしたと考えられます。

けど今回は一般的な通りにいかないことを身をもって学んでくださり、ご自身の歪みに対する接し方、考え方を理解していただくいい機会となりました。

頑張り屋さんですのでほんと長期にわたって体のゆがみを治そうといい姿勢を無理に作ってこられていました。トレーニングもされています。そうしたことが積み重なり、あらゆるところにしこりができて、筋緊張がおこり、過敏に反応する体は作られていったのかなと。

楽な姿勢で筋肉や神経をお休みさせることってすごく大事なんです。

けど自分の関節の位置をどうすると楽か?ってことは考えたこともない方がほとんどでしょう。

筋や神経が働きやすくなってから、いい姿勢をとれるようチャレンジしていく。

今日の患者様は上のような事前の準備ができてなかったんですよね。

☑いい姿勢を取っても長く持たない。

☑いい姿勢を取ろうとすると痛い。

☑いい姿勢が取れない。

 

このような方はまず楽な位置を探して、深呼吸してリラックスしてみてください。

それからチャレンジすると違いますよ!

最初は感覚を知ることが難しいかもしれません。

そんなときはお手伝いできると思いますのでご連絡くださいね!