胃腸の疲れと夏バテ

近年の夏の陽気は異常で猛暑で夏バテが心配かもしれませんが、内臓の特に胃腸の働きに注意することで夏バテの予防・回復につながります。
夏バテの症状と言えば、ダルさや疲労感と食欲不振や下痢が主で、原因となるのが、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、によって内臓の特に胃腸の疲労・腸内環境の悪化していきます。

そんな弱った胃腸の回復には胃腸を休ませるのが一番ですが、それによって食事を取らないと栄養不足になってさらに疲労感と食欲不振を助長していきます。
ですので、胃腸に負担をかける食事を避けて徐々に回復していくのが望ましいのです。
胃腸に負担をかける食べ物として、刺激物や高脂質や生ものや冷えた物や食物繊維が豊富な食べ物が上げられます。当然、食べ過ぎも胃腸の負担を助長させます。

 

逆に胃腸の回復を助けてくれるものとして、高タンパクな物やミネラルとビタミンがあります。また、食べる以外にも胃腸の回復を助けることとして、適度な運動・十分な睡眠・体の温めが必要でこれらができるので足りていないと思うところがあるなら見直して改善してみたり、サプリメント特に高品質のアミノ酸を積極的に摂取して栄養不足に陥らないように心がけましょう。

ちなみに、血液は腸でも作られるというのを知っていましたか?
実は、腸の働きが悪いと血液の質が悪くなりやすく、肌荒れの原因や肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れやすくなります。
また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下して病気になりやすく夏風邪にもなりやすくなるのです。
ですので、胃腸の体調を崩さないようにまだ夏本番の今のうちにできることをして対策を取っていきましょう。

げんき堂で元気になられた方々からの嬉しい声

げんき堂も開院して8周年で多くの方々がご来院されてきました。
そんなご来院されていただいた方々から嬉しい声をお聞きできたのでなご紹介していきます。

70代 女性
足の親指がケガで曲がらなくなっていました。もう歳なので仕方ないと思っていましたが足指運動と治療で動くようになりました。ビックリしました。

80代 女性
毎日ラドンルームにお世話になってから良くねむれる せきが止まらなかったのが止まりだんだん良く成って居る様に思われますラドンのおかげと思います

50代 女性
元々は顔の痙攣があり病院に通って検査をしても良くならず原因もわからないままで、どうしようもなく途方に暮れていました。そんな折、鍼灸治療の話を聞いたのですが鍼灸という針を刺す行為しかも顔に… 心配な面もありましたが、今ではすっかり良くなりました。
顔の症状を直してもらった実績から信頼できるので今も続けて鍼灸の治療を受けています。現在、週に一回のペースで鍼灸治療を受けて、コンディションを整えてもらっているような感じです。

げんき堂では定期的に体操教室を開催しており、体操教室では皆さんと一緒に笑いながら掛け声を掛け合い楽しい指導のもと仲良く体操をしています!
体操教室で出会った方とお友達になってお喋りして気分転換にもなります。

体のことでお悩みがあればお気軽にご相談お問合せください。