運動不足による弊害

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

体には自身の意思で作用する筋肉が約400もの筋肉が存在しています。そして、残念ながらこれらの筋肉は動かして負荷を掛けていないと徐々に筋力低下が加速していき弱っていきます。

筋肉は体を支えて動かすだけではなく、免疫や血液循環や体温調整などにも作用しているので筋力が低下は放って置いていいものではありません。また、一度筋力低下のサイクルに入ると悪循環に陥ってしまいやすく、筋力低下によって疲れやすくなり、動く気力が無くなり、体を動かす量が低下し更に筋力が低下してしまいます。

こういった状態に陥らない為にもまずは簡易的に体を動かすことからはじめることが大切です。ですが、あまり動かしていなかった体を急に動かすと体を痛めたりする危険性があることを理解し、痛めた場合は無理しないで休息しましょう。なかなか症状が取れない方は 整体 などで体をほぐしてから動かしてみるのも効果的です。

また、運動不足が過ぎると逆に疲れを感じたりダルさや重さを感じてやる気や気力が低下してしまうので、日々の適度な運動習慣を身につけましょう。