どうしたらいい?足が「つる」現象

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

寒くなってくるとぐっすりと寝て快適な朝や寝ているときに起こるのが足がつってしまう現象です。この「つる」現象は地域によって呼び名が違うらしく「こむら返り」とも呼ばれています。
医学的には「つる」現象は腓腹筋痙攣といわれていますが、腓腹筋=ふくらはぎだけに起こる現象ではないので足の甲や太もも、背中やわき腹などもつってしまう場合もあります。

この「つる」現象は筋肉が勝手に収縮し潰れている状態です。
筋繊維は電気刺激によって筋膜内のCa濃度が上昇し筋収縮が起こっており、筋肉の筋膜内の電解質の濃度によって収縮と弛緩を行っています。
このような事から「つる」現象はこの筋膜内の電解質の濃度バランスが崩れてしまった結果、筋繊維が電気刺激が無い状態体でCa濃度が上昇して収縮している状態でいくす。そして、この状態では電気刺激のコントロールが無い状態での筋収縮となるので過剰な収縮が起こり筋繊維が潰され強い痛みとなってると考えられています。

この「つる」現象自体は筋膜内の電解質の異常によって引き起こされていますが、その異常が引き起こす要因は6つあります。

・筋疲労の蓄積
足がつるのが起こりやすいのは前の日に歩きすぎたり、足に疲労やむくみをひどく感じたりしていると起こるのではないでしょうか?
疲労やむくみが溜まっているという事は血行が悪く必要な物質が廻れていない状態です。その状態で活動し続けているので結果、電解質のバランスが崩れてつってしまうのです。
疲労やむくみをため込み過ぎないようにしていくのが大切です。

・冷え
寒くなったり体が冷えると血管の収縮と筋肉の硬さが出てきます。そうなるとむくみやすくなり硬くなった筋肉が過敏な反応を示しやすく急な動作で過剰な反応を起こしつってしまいやすくなります。
よく足がつりやすい方はつま先が冷えている場合が多く入浴時間が短く、入浴回数が少ない傾向にあります。

 

・水分不足とミネラル不足
水分が不足すると筋肉の動きも鈍くなり、ミネラルの不足は繊細な筋肉の動きの低下にも繋がります。
水分補給を怠った朝や運動中など水分の著しい低下やミネラルの消費によって筋膜内の電解質のバランスが崩れてつりやすくなります。
突発的につってしまう方は水分だけでなく塩分やマグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が不足しているからかもしれないので栄養バランスや水分補給を意識してみましょう。

・運動不足によるもの
準備運動などの際に起こってしまうもので、普段動かしていない筋肉を急に伸ばしたり負荷を掛けたりしてしまった際につってしまいます。
普段動かしていない筋肉は硬くなりやすく筋力も低下しています。そんな筋肉にを突発的に伸ばしたり負荷を掛けてしまったりしてしまうと過剰な反応を起こしてしまい結果つってしまいます。
運動不足にならないように普段から歩いたりしてみたり、激しい運動をする場合は準備運動の際に大きな筋肉をゆっくりとほぐし伸ばすような気持ちで行うことで予防ができます。

・薬の作用
高血圧の薬や更年期の薬、痛み止めなどの薬を長期的に使用していると起こりやすく、体の電解質や水分のバランスを保つ機能が低下していたり薬の成分の分解による負担だったり薬の副作用などが考えられています。
長期的に薬を服用している人は主治医と相談してみましょう。

・病気によるもの
糖尿病や腎不全など水分代謝や血流に関する持病を持っている方はつりやすくなっているので、普段からストレッチや体を冷やさないようにする、適度な運動や適切な水分補給で普段からつりにくいようにしときましょう。

また、「つる」という現象が起こった後そのままにしていると筋繊維が硬化したままになっていることが多いのでつった直後からその部分を伸ばしてつる反応を早く抑えて固まるのを和らげてしまいましょう。

体の不調のナンバー1の肩こり

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

体の気になる症状や悩みで男女ともに多い症状として上げられるのが「肩こり」です。そもそも「肩こり」は夏目漱石が造ったとされる造語で定義がなく海外では概念がない場合もありますが、今や症候名として認知されています。
一応定義づけとしては、僧房筋やその部分に生じる筋緊張によるうっ血や肩周辺の筋の伸張状態によるストレス反応の事もしくはその両方の状態を指していて、主に主観的な症状が現れます。
しかし、この肩こりの症状は時に頭痛・めまい・息苦しさなどを引き起こし増悪すると激しい痛みや自律神経の乱れ、不眠症などの要因にもなります。また、心臓病や脳卒中などの重篤な病状の前触れや症状としても上げられる場合もあります。

肩こりになる原因

肩の機能や役割として上肢・腕や手の自由度を高め保持するという役割と頭を支えるという役割もあります。その頭の重さは平均して5kg ほどとなりおよそボーリングの玉ほどの重さになります。
そんな頭を支えている首や肩には身体を起こしている限り常に負担が掛かっていますが、頭の位置は固定されているわけでは無く自由意思で動かせれるので筋肉によって支えられ保持されていることがわかります。
ただでさえ5kg のもを保持している首や肩ですが、頭の位置が肩口より前もしくは顎を引いて目線が下になっている状態では、首や肩に掛かる負担が実に5倍ほどにもなり、むろんその負担の掛かる頭の位置で長時間保持されていれば首や肩の筋肉に大きな負担が掛かるのは明白です。

そして、その頭の大きな負担が掛かる頭の位置を取る行為が現代生活においては日常的な動作となるスマートホンやパソコンなどの操作があたります。
このスマートホンやパソコンは短時間・短期的に使用すものではなく長時間・長期的に使用する場合が多いため、結果的に首や肩の筋肉は頭や目線を長時間保持するために筋肉の緊張を続けなくてなりません。
そんな状態を長期的に続けると筋肉の緊張状態が続き血流が悪くなり首肩に老廃物が溜まりやすくなってしまたり、頭の重さで筋肉が伸張されストレスが常にかかたりしていきます。

また、肩の機能としては上肢の自由度と保持もありその上肢の重さも3~4kgほどあり常に肩口に吊り下がってる状態です。
この作用によって肩口は外下方向への力が掛かっていることになり、肩は常に引き上げる力が働いています。

こういった環境の中で肩首周りの筋肉は常に緊張状態や伸張作用によって大きな負担を背負わされているのです。

負担によって変化した姿勢

肩に大きな負担を掛けているスマートホンやパソコンの使用を終えたら筋肉の緊張が和らぎ負担が解消するかというとそうでもなく、長時間の緊張状態だった筋肉はそのまま緊張状態を持続してしまいます。
なので、負担原因である行為をやめても姿勢に変化が少なく負担が変わらない場合もあります。
そして、その状態が長期的に続くとその姿勢に定着化していき猫背などの不良姿勢に陥ってしまいます。
また、その不良姿勢の状態だと首肩への関節に負担がかかり続けることなるので症状の重症化の原因にもなり腰や骨盤の歪みや負担の影響を与えてしまいます。

姿勢が悪くり常に前かがみの状態だと呼吸にも影響がでて疲労感や倦怠感がより出やすくもなるので、不良姿勢が定着化する前に負担を軽減することが大切です。

血行障害による影響

筋肉の緊張によって感じるようになる肩こりですが、筋肉の緊張が持続的に行うと慢性的な血行不良が起こってしまいます。
この首肩で起こってしまった血行障害ですが首肩を通して流れている頭や顔の血流にも影響を及ぼしてしまう可能性があるので、首肩が凝ると血行不良による頭痛が出たりめまいが起こしやすくなってしまいやすいというわけです。
慢性的な血行不良は全身的な疲労感や頭重感、全身倦怠感などを引き起こしてしまいやる気の減少や気力の低下や集中力が散漫になりやすくなってしまうので日々の生活の活動や対人関係にまで影響が大きくなります。

自律神経と肩こりの因果関係

自律神経とは血流循環や食べ物の消化吸収、呼吸などをコントロールしている神経で、運動に関与する交感神経とリラックスに関係する副交感神経があり、このバランスが狂う事が自律神経の乱れになります。
そして自律神経の乱れによる不調の一つとして肩こりがありますが、この肩こりが自律神経の乱れ悪化させている要因にもなります。
ですので、自律神経の乱れによる不調の不眠や偏頭痛、動悸や息切れ、体温恒常性の不調や感情の起伏や情緒の不安定などがある場合肩こりや首肩の重さ硬さがある場合は症状の悪化させないためにも肩こりの対処は必要です。
また、頸部や脇周辺に腕の神経が通っているため首・肩周りの筋肉が硬くなる肩こりが悪化持続すると通っている神経にも影響を及ぼし神経症状が現れる方もいます。

 

肩こりは慢性的な首肩への負担によるもので、それは首の位置や腕の位置によって変化します。
ですので、首や腕の位置を意識することで肩こりの程度を軽減できますがほとんどの場合が無意識下での日々の姿勢による積み重ねですので、姿勢を改善させる矯正や緊張をほぐすマッサージや体を支持するための筋肉を鍛えるトレーニングなどが必要になります。

デトックスを体験中!

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

先日、18・19日とデトックスイベントを行った様子です。

今回も多くの方にご参加いただきました。

少し寒さが出てきて足がむくみやすい時期になってきたので受けられた方々は
「気持ちよかった」
「足が軽くなった」 など
の声もありました。

次回は11月15日と16日に開催します。

ご興味がある方はご連絡ください。

七輪とケイ素のおいしい関係

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

暑い夏も終わり、やっと秋らしい爽やかな季節がやってきて、食欲の秋となって美味し食材があふれる時期になってきました。
個人的には何と言ってもサンマの塩焼、って感じで毎年楽しみにしています。

サンマのイメージとして勝手に七輪でサンマを焼いて食べるというのを昔から持っていてまた、グリルで焼くより美味しい感じがあり昔食べた七輪のサンマも美味しかった記憶があります。

そこで七輪について調べてみたところ、七輪は珪藻土(けいそど)という土で出来ていて、なんとその名の通りケイ素がその中に入っているそうです。

七輪で炭に火が着くと、七輪の珪藻土の中のケイ素が赤外線を一旦、吸収して、今度は、貯めた赤外線を出すそうです。
それで、赤外線が元の炭より多く放出されて、外はパリパリ、中はふっくらとした、美味しいサンマが焼きあがります。

七輪って昔からある物ですが、今でも十分に通用する。凄い調理器具だったんですね。

げんき堂で元気に運動中

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です

寒くなってきていますが、げんき堂の体操教室に来られている方達は元気に明るく今日も体操をしています。

来られている方の中には90歳近くの方もいらっしゃいますが元気に体操を続けています。

楽しい体操教室は
毎週
月  11:00~
火                  15:45~
水          11:45~  15:45~
木 (11:00~) 11:45~

やっています。

寒さによる肩こりの助長

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

体の不調で必ずと言っていいほど上位に上がるのが肩こりですが、解消は難しく放って置くと頭痛や不眠などの原因にもなりえるものです。
さまざま要因で起こる肩こりを誘発すると考えられ、長時間のデスクワークやスマートフォンの使用や不良姿勢や運動不足などが上げられますが、症状を増悪させるものとして「冷え」が上げられます。

仕事の都合や生活習慣などで仕方がないと思って放置していると本格的な冬場になるとその「肩こり」の症状が増悪する可能性があります。
肩こりは筋肉の硬さが血行や関節運動、自律神経を刺激し症状が現れていると考えられいるので、冬の寒さによって更に筋肉が硬くなってしまいより肩こりの症状が増悪してしまうというわけです。

この時期、より肩がこるや肩こりを感じてきた人はひょっとすると寒さや冷えによる肩こり症状の増悪が起こっているの可能性が高いです。

また、肩こりを放って置くと様々な体のトラブルが出てくる可能性があり、

・しみやくすみで疲労感がにじむ出る
・頭痛や頭重が辛い
・傷跡やアザが残りやすい
・不眠や睡眠での悩みがある

など、大事な頭や顔を支えてる血流の通り道である肩周りの不調の影響は大きのです。

また、肩こりと一言に言っても誘発する要因によってタイプは分かれます。
1つがいわゆる凝りタイプで肩の筋肉の緊張によって肩関節や肩甲骨の動きが制限され血行が滞ってしまいやすいです。
もう一つが肩首の筋肉が常に伸ばされていわゆる張っている状態のタイプで首の位置や支える体幹が弱まって筋肉の伸張で支えている状態です。

それぞれに合った対処法で肩こりに対応してみましょう。

9/20~21のデトックスイベントを行って

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です

足から出る溜まった老廃物が出るデトックスイベントを行いました
今回も受けられた方には好評でよかったと思えています

受けた人の声として
「足が軽くなった」
「こんなに汚くなるとは思わなかった」
「今回は色が薄かったがすごい臭いが出てきてよかったです」
「前回から受けていて今まで何してもお薬や漢方や揉んでも変わった感じがなっかたが足が細くなり皮膚が変わったと言われてる」
「黒いものがいっぱいでて食べるものを気をつけます」 など

という声が聴けて、生活習慣の見直しや体質改善のきっかけになれてよかったと思っています

これからの時期は、冷えとむくみに悩みやすくなります
体の症状でお悩みならお気軽に、げんき堂 までご相談してみてください

正しい姿勢とは?

正しい姿勢と言われた時に大抵背筋を伸ばして肩甲骨を引き寄せて胸を張ってしまうと思いますが、それは本当に正しい姿勢なのでしょうか?
理学的に通常な姿勢というのは身体の支えている筋肉が前後左右均一に緊張しバランスがいい状態で、解剖学的には耳・肩口・股関節・膝関節が垂直線上に並ぶ状態です。
ですので、正しい姿勢になろうと背中の筋肉に力を入れている状態や胸を張っている状態だと理学的・解剖学的にも通常の状態から逸脱しているという事になり、関節や筋肉の位置関係が崩れてしまった場合それに応じて大きな負担がかかることになります。

ですので、姿勢が崩れていくと余計な負担が掛かりそれにより骨の軋みや軟骨のすり減り、神経の圧迫などの原因にもなりえます。そんな辛い症状や不調の原因にもなりえる姿勢ですが、正しい姿勢=真直ぐ というわけではなく本来は前後にS字状に湾曲しています。
そんな状態の姿勢を意図して真直ぐにしてしまうと湾曲することで前後に逃がしていた重力の負荷が逃げないで体に圧し掛かってしまい、前後の筋肉の緊張がアンバランスになり一方側への負担が大きくなります。
今の自分の姿勢の状態を把握していないと症状の悪化や他の症状を誘発させる原因になりえるので今の自分の姿勢と症状を理解することが大切です。

姿勢を理学的に分類すると理想の姿勢を基準として4つのパターン分けられます。

1つが、過前弯姿勢で無理に姿勢をよくしよう姿勢を正した際になる姿勢で、起立筋や背部の筋や肩回りの筋に力が入っている状態です。肩こりや坐骨神経痛になりやすいタイプです。

次に、後弯-前弯姿勢で加齢による腰の曲がりで腹筋や腹圧が低下するとなりやすい姿勢で、重心が前になりつま先に荷重がかかりやすく膝の負担が増え背骨の湾曲がきつくなり湾曲の節首や腰の圧が高い状態です。変形性膝関節症や圧迫骨折、脊柱管狭窄症や頚椎症になりやすいです。

3つめが後弯-平背姿勢でいわゆる猫背の姿勢、頭が前に突っ込んでいるような姿勢で頚椎症や胸椎の圧迫骨折、腰部・臀部や股関節の負担が大きくなりやすく、内臓への負担もかかりやすく便秘や頻尿の原因にもなりやすいです。

最後が平背姿勢、背骨の湾曲が無く一見いい姿勢に見えるかもしれませんが体の負担が大きく重い症状をもっている場合が多く腰椎と骨盤の負担が大きくなりやすい状態です。頸椎症や椎間板ヘルニアになりやすいです。

この4つの姿勢は前後の歪みの姿勢ですが、この他にも左右に歪む側彎やねじれの歪みがありまたこれらが複合して起こっている場合があり片側の負担が大きいと現れやすいものです。

人は身体を起き上がらせて生活していることがほとんどで、常に重力に拮抗し身体を支えており、そこにデスクワークやスマホの長時間の使用や運動不足などで姿勢は崩れがちになりやすくなります。
症状こそ現れていないと気にする必要や心配はありませんが、周りが気づくほどの状態だと後々症状があらわれてくる可能性が高いので早めに対処してみましょう。