慢性痛への対処法

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

身体の不調で受診されるのが多いのが、『 』で、膝の慢性痛で推定800万人以上、腰の慢性痛は1000万人以上もの人が悩まされているとされています。
そんな多くの方が患いやすい「 腰・膝 」の痛みですが、これらの症状の出始めの症状への対処として多いのが「 我慢する 」という選択肢を取る方が多いようで、ある程度痛みが慢性化してから病院に行く方がほとんどです。

 

しかし、これらの「 腰・膝 」の症状に対して現状きちんとした対処法が確立していないのが現状で、多くが鎮痛薬やサポーターでの痛みの軽減を目的としたものが多いようです。
また、「 腰・膝 」の痛みの出ている方の多くが『 階段昇降・和室での生活・遠出や旅行・買い物 』などの行為に消極的になりやすくなっており、「 腰・膝 」だけの痛みの症状だけではなくなってきます。

  

これらの「 腰・膝 」の症状の原因の多くは、筋力の低下、関節動作の不協和、姿勢不良が原因で、筋力低下によって関節の支えが無くなり、関節動作時の主導筋や拮抗筋のバランスの悪さは関節運動に歪みを与え、姿勢不良は余計な負担を関節に与えることになります。

ですので、トレーニングやストレッチや姿勢矯正などが症状の緩和に期待出ますがこのような行為は病院ではなかなか対応しにくいのが現状です。
しかし、これらのトレーニングやストレッチや姿勢矯正などを「 腰・膝 」の症状に単純に当てはめると逆効果になってしまうことも多くあるので、独学や症状を無視した行為は控えましょう。
「 腰・膝 」の症状の緩和のためのトレーニングやストレッチや姿勢矯正などは専門知識を持った方の指導の下行いましょう。

時代や生活の変化によってこれから増えてくるだろうと懸念されている腰や膝の慢性痛、それに伴い国も運動の推奨や生活習慣の見直しなどの注意喚起を行い始めています。
これらの慢性痛は生活の質(QOL)の低下を引き起こしてしまう大きな要因になりかねるので、痛みが出だしたり辛い症状はなるべく専門家に診てもらい早い対処をしてもらうようにしましょう。

新年あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
鍼灸整骨院げんき堂です。

お正月中はいかがお過ごしでしたでしょうか?
日頃よりたしなむ量が増えてしまったり、せっかくだから豪華で美味しいもの多く食べたり、一日家の中で動かなかったりなど、
いつもと生活リズムが違いによって、身体の不調が出る方も少なくないです。

ズルズルと調子が戻らなかったりするようであれば、早めに解消しておきましょう。

姿勢が悪くなっている自覚サイン

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

人はもともと直立二足歩行での生活を行う為の骨格になっており、そのため不安定で背骨に負担が掛かる構造になっています。
ですので、長時間の同じ姿勢や姿勢維持の筋力低下による姿勢の悪さは体にかかる負担を増大させます。

しかし、これらの姿勢の悪さは長期的な負担によって徐々に身体的不調へと症状を現してくるものなので、初期症状や状態を気付かず後々に症状が慢性化して腰痛症や頚椎症などの病状を患ってしまうこともしばしばあります。

そんな徐々に症状が現れてくる姿勢のの悪さがどの程度か簡易的に知る方法として深呼吸があります。
この深呼吸や大きく息を吸い込むと背筋が大きく伸びあがるようだと普段から姿勢が悪くなっているサインでもあり、普段から自然と背中がその分丸くなっていることを示しています。


逆にこの動作で腰の負担を感じたり痛みを感じる方は、一見姿勢がよく見えるかもしれませんが反り腰状態で今後もその状態のままだと神経痛などが出てくる可能性があります。

そうなってしまう前に姿勢を正して行く必要だありますが、よく勘違いをして背筋を伸ばすことを姿勢を正すことだと思っている人がいますが、これは大きく異なり、単に背筋を伸ばすだけど別の部位への負担が大きくなったり逆に負担を大きくさせているかもしれません。

姿勢が気になっていたり、身体の調子がすぐれない人は症状がきつくつらい思いや治療期間を長くする前になるべく早く対処しましょう

姿勢が悪くなる理由

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

人は直立二足で生活していますが、実はこの直立二足歩行はとても不安定で安定させるのに筋力が必要です。そのため、楽な姿勢をになろうとして背中を丸くしがちです。

姿勢が悪くなると、不格好やスタイルが崩れたり、老けて見えたり、活気がなくなったり、動きが悪く見えたりなどの見た目の悪さだけではなく、
腰痛の原因や肩こりやひざ痛の助長、内臓の負担、便秘、疲労感や代謝量の低下などにも影響し精神的な感情にも作用します。

 

もともと人の二足歩行は腰や背骨の負担が大きく腰を曲げて前かがみの状態だと通常の立っている姿勢の1.5倍の負荷がかかり、かといって座ると1.4倍の負荷が腰にかかり更に座って前かがみになると1.8倍もの負荷が背骨や腰にかかることになります。

ではなぜ負担がより掛かる姿勢をとって仕舞いがちになるのかというと、人の身体は構造上不安定なため安定させるのには筋肉が働いて保持し続けるしかないからで、そのため運動不足による筋力低下や食生活の乱れによる栄養不足などによって支えるはずの筋肉が減ったり付かなかったりして身体を支える支持機能が低下した結果、筋肉をあまり使わなくてもいい姿勢の腰を曲げた前傾の姿勢になってしまったわけです。

ですので、日ごろから適度に動く特にウォーキングをしっかりと行うと予防や改善につながっていきます。
しかし、長年の悪い姿勢のクセや長期的な運動不足による筋力低下などで関節の動きが悪くなったり硬さが出ていたりする場合があり、その状態で無理に身体を動かすとさらに悪化する場合があるので、まずは動ける体や運動の前の準備体操のようなものを行ってから身体を動かしていきましょう。

姿勢の悪さは自覚症状が感じにくく、大抵は親しい人や近い人からの指摘などで気付く場合が多いものです。
ですので、特に今なにも不憫や症状などが無くても普段から適度に動かし姿勢をよくすることで、軽い運動で十分な効果が得られるようになるので日々身体を動かし筋肉を使って過ごしてみましょう。

東洋医学から診た身体の不調とこころの関係

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

『病は気から』という、病気は気の持ちようによって良くも悪くもなるという諺のことですが、ひょっとするとその気(気持ち・心情)は身体が弱ってきたからこそ出てきた不調のサインなのかもしれません。

東洋医学では5行説という考えがあり5つの元素『木』『火』『土』『金』『水』から万物がなると考え、その5つの元素が互いに影響し干渉し循環しているという考えで、この5つの元素と身体の部分を当てはめ『木』は『肝臓・胆嚢』、『火』は『心臓・小腸』、『土』は『脾臓・胃』、『金』は『肺臓・大腸』、『水』は『腎臓・膀胱』のように配分し体の状態を見極め治療しています。

そして、この5行は心の状態にも当てはめられそれぞれ
『木=怒』『火=喜』『土=思』『金=憂』『水=恐』


となり、どのような感情にしろ高ぶりすぎたり逆に無くなりすぎたりすると相当する組織に負担がかかると考えられ調子を崩しやすくなったり不調のサインだったりすると考えられています。

例えば、肝臓が病むと怒りやすくなったり怒る気力がなくなったりします。気質的に怒りやすい人は肝臓を傷めやすく負担がかかりやすくなります。


大声で笑い笑顔が絶えないことはいいことですがこれも過ぎると、狂喜や気の緩みにつながり心臓や小腸の負担がかかりやすいので、笑い過ぎて度が過ぎていたり笑い方が忘れてしまっている人は心や小腸が働きが弱まっていたり逆に調子が悪いサインなのかもしれません。


考えすぎたり物思いにふけたりとし過ぎると脾や胃に害を及ぼしたり、妙に思慮深くなったり色々な考えが思いがちな場合は脾や胃の働きが強まていたり負担がかかっているかもしれません。


悲しみや憂いといった感情が強いと肺を痛めやすく、恋愛や色情といったものに左右されてしまいがちです。


腎臓が弱まると恐れや驚きの感情がきつく出やすく、驚きやすくなったり恐怖感を持ちやすくなります。

 

こころの状態や感情が体に負担を与えるのと同じように、身体の不調や疲れがこころや感情に影響を与えることがあります。
こころが疲れているや何かよくわからない調子の悪さがある際はひょっとするとこういった体のバランスが崩れているせいで起きているかもしれませんね。

 

免疫細胞と有害微生物との戦い

こんにちカレーが大好きな鍼灸整骨院げんき堂 ゲット君です。

私たちの体は常に様々な細菌やウイルスと攻防し共存しています。

そんな細菌やウイルスなどとの攻防を免疫といい、血液の免疫機能が生体の防御機能として働いているおかげで重症化せず抑えられています。

血液中の免疫に関与する細胞成分としては白血球があげられます。

白血球は顆粒白血球の好中球・好酸球・好塩基球と無顆粒白血球のリンパ球・単球(マクロファージ)があり、これらの白血球は血管内だけではなく血管壁も自由に通過できるのが特徴です。

血管壁を通過した後はアメーバ様運動をして協同し腫瘍・感染(ウイルス・細菌・寄生虫)に対する防御活動を行います。

それぞれの働きとして、好中球では細菌性感染に対する生体の第一防御線でとして、細菌を取り込み殺す貪食能を主に行います。好酸球はアレルギーや寄生虫感染などで増加し伝達物質を不活化させます。好塩基球は生理活性物質(生体に作用し種々の生体反応を促す物質)を放出する。単球は血液から組織に入り組織内で死んだ細胞や変性物質の除去を行う。リンパ球のTリンパ球とBリンパ球はそれぞれ細胞性免疫と体液性免疫を担当し、Tリンパ球では免疫系全体を統制する中心的な細胞群で他のリンパ球の活性化を促進したり標的細胞を破壊させたり行います。

Bリンパ球では様々な抗体を産生して免疫の主要な担い手で、細胞表面の抗体の免疫グロブリンを持つ。そして、Tリンパ球が分化したナチュラルキラー(NK)細胞があり、ウイルス感染細胞やがん細胞を細胞死させる。

そもそも免疫とは、もともと疫病(感染症)を免れるという意味でしたが、抵抗性一般や生体内で腫瘍や変性を排除する働きも含みます。しかし、このような生体防御の過程で多少の正常の自己細胞や組織を傷害し、アレルギーや自己免疫病などの疾病を引き起こすこともある。

また、輸血や臓器移植などの医療行為でも免疫機能による組織障害が現れてしまいます。つまり、免疫には生体防御と組織傷害の二面性があります。

体の防御機構として重要な免疫機能ですが、正常に機能し迅速に機能しなくては意味はありません。

また、免疫は外敵だけではなく日々生成されるガン細胞にも重要です。

病気になったりしてから慌ててあげようとしても遅いので日頃こら意識してください。

免疫機能を正常に働かせるためにも、身体を適度に動かし、食事をしっかり取り、規則正しく寝起きし、体温を上げて、楽しく笑えれるように過ごしていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍼灸整骨院げんき堂

兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲Aビル124号

TEL  078-862-3295

Mail  gennkidou_rokkou@i-impression.co.jp

ご質問・ご相談ホーム

 

げんき堂施術メニュー

血液の凝固

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂ゲット君です。

血管が損傷するとその部分の血管壁と血液成分に一連の反応が起こり、血液は凝固し出血は止まり損傷部分が保護されます。

 

この一連の反応は3つの段階に分けて考えられる。

1.血小板血栓形成

血管損傷部位で、血管内皮の癒着、収縮が起こり、露呈した結合組織、特にコラーゲンに対して血小板が粘着する。そして、粘着した血小板は流血中の他の血小板を凝集し血小板血栓が形成されます。

また、損傷部位から同時に流出する凝固因子の作用で血小板が変形する。そして、この作用で血小板の作用がより働きさらに促進し局所の血管を収縮されることにより、一時的な止血を促進する。

2.止血の持続

血小板血栓はもろく不安定である。しかし、反応が進むと内因性および外因性機序によって血小板血栓はより密度の高い塊となり、また血小板周囲の血漿蛋白質が線維化し血小板血栓を網の目状に包むことによりさらに血栓を補強する。この現象を血液凝固と呼ぶ。

3.血栓の除去

損傷部位の修復が進むと血栓中の線維化した蛋白質が分解され、次いで凝血も分解され除去される。これを繊維素溶解現象と呼ぶ。

 ← 1~3の止血の機序の図

この血液の凝固の反応は内因性と外因性の素因が考えられる。

内因性

血液が異物、特にコラーゲンと接触したときにに起こる反応によって、引き続いて起こる連鎖反応によって血栓を生成される。

外因性

血管壁内の組織が活性化しあとは内因性と同様に機序で反応が進み血栓を生成される。

このような凝固の作用は血液の流出を防ぐために起こるためだが、血管組織の状態や血液内容物によって血栓が発生し溶解されない場合がある。

 

この異常に発生した血栓や溶解されない血栓は、時に血流を止めて止めた先の末端への血液流入を阻害し壊死を引き起こす。

この血栓による血流を止めてしまう梗塞や塞栓は重篤な後遺症を起こしてしまいます。

血栓が発生させてしまう原因として動脈硬化などによる血管内皮の損傷、長期臥床などによる血流や血圧の低下、癌などによる血液凝固性の亢進 などがあり、梗塞は血栓が徐々に肥厚し血流が阻害されるもので、塞栓は血栓発生箇所から血栓が剥がれて別の箇所で血流を阻害するものです。

梗塞の症状は緩やかに症状が進行していき症状の悪化を気づきにくく、塞栓は症状が突然発症します。

どちらも発見がわかりにくく処置が遅れると後遺症が重篤になるので、梗塞や塞栓への予防や注意が必要になります。

梗塞や塞栓の原因とされる動脈硬化や血行不良などは日々の生活習慣で予防改善されます。

症状がわかりにくい梗塞や塞栓、自分は大丈夫だと思わずに生活習慣を見直して適度な運動とバランスのいい食事を心がけていきましょう。

風邪や虫歯などは一度経験できその辛い症状から手洗いうがいや歯磨きなどの予防を行います。

しかし、この血栓による梗塞や塞栓はとても重く患った方は「まさか自分が・・・」といいます。

日々の生活により徐々に進行していく血栓、その進行を進めるも止めるのもあなたの意志によって変わります。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍼灸整骨院げんき堂

兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲Aビル124号

TEL  078-862-3295

Mail  gennkidou_rokkou@i-impression.co.jp

ご質問・ご相談ホーム

 

げんき堂施術メニュー

血液の役割

こんにちは5月病に効くものを探し回る鍼灸整骨院ゲット君です。

 

血液はくすんだ赤い液体で血漿と呼ばれる様々な成分の中に浮遊している細胞からなっています。

たった一滴の血液には何百万のも細胞があり、1日での各組織間での交換量は80000ℓにもおよぶが、血液の量は体重のおよそ8%で50Kgの人で4000mℓほどです。

こんな頻繁に循環していないといけない血液の役割はとても重要です。

その主な働きは次の4つです。

 

1.運搬機能

血液はもともと各組織間を繋げ物質を運ぶための媒体としてあり、酸素や二酸化炭素、栄養素や代謝産物などを血液に溶解した形で運搬されホルモンや酵素といったものによって標的機関まで運ばれています。

また水のもつ熱保有力を利用して、血液は代謝によって生産された熱の分配し放散させたりもしている。

 

2.ホメオスタシス
聞きなれない言葉ですが、いわば内部環境を一定に保つことです。
血液は体中を循環しており、各組織の働きを血液の組成や物質的性質によって常にモニターされ各器官で管理・維持され調整を行って一定に保っています。
3.止血機構
最初で述べたように血液は一定量を失うと生命の危機に陥るので、血液が流れている血管が傷を受け出血した際に血液が凝固し出血を防ぐ重要な機能もあります。
4.生体防御機構
生体は異物や有害微生物を無害にするために、血液細胞の成分に免疫機能というものが働いている。
このような重要な役割がある血液、もしこの血液がドロドロで流れが悪くなったり詰まって血流が行き届かなくなってしまうととても危険で、脳梗塞で詰まってしまったら早急な処置が必要なのは明白です。
次回は血液の役割の一つ止血についてや血液の詰まりなどについての発生についてご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鍼灸整骨院げんき堂

兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1-39 メイン六甲Aビル124号

TEL  078-862-3295

Mail  gennkidou_rokkou@i-impression.co.jp

ご質問・ご相談ホーム

 

げんき堂施術メニュー