冷えによるメリットと温熱の効果

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

冷え性は、手足の先や内臓、下半身など、体の特定の部位が冷えたり、逆に顔や上半身がほてる人もいて、一言で冷え性といってもその症状は多岐にわたって様々な不調や病気の元になりえます。
冷えは端的に言うと血行不良によって起こっており、手足の先に十分な血行を送ることが出来ずに冷えたり、寒冷にさらされて血流循環に影響を及ぼし機能が低下してその状態が長期に続いたことで代謝機能が低下することで更に冷えやすくなります。
その影響は大きく疲労感や気力の低下が起こり不眠症の要因やアトピー症状の悪化にまで影響があります。特に一年中冷えを感じている方は要注意です。

慢性的な冷えを感じていたりすると、基礎代謝が低下してしまう恐れがあります。
そうなってくると冷えを感じにくくなり、無自覚の冷え性になる方もいます。
このような冷え症状に陥る要因として
・運動不足
・筋力低下と柔軟性低下
・自律神経の乱れや睡眠バランスの乱れ
・内臓機能の低下や胃腸虚弱化
が、考えられます。
特にコロナ禍で自粛で運動不足や家にいる時間が多く運動不足になりがちで、ストレスをため込みやすくなっているため先の要因に陥りやすい状態です。

そんな冷え性気質の方は当然ながら温めていると思いますが、その温めの効果は一体どのような効果があるのでしょうか?

温めの効果としては、
・血管の拡張
・組織代謝の亢進
・軟部組織の伸張性増大
・神経伝達速度の増大
が見込まれます。

体に熱が伝わるとその熱を分散させようと血管を拡張させ血流量を調整させようとします。それにより温まった部分の組織の血流量が増加し各細胞への酸素供給や栄養が十分にあるので細胞の新陳代謝が行われやすくなります。
また、温めで血管が拡がったことで副交感神経が優位になり筋緊張を緩めてリラックス効果を高めてくれることもわかっています。

しかし、これらの効果は体の表面しか温めないカイロや電気ストーブなどでは薄く、他の暖房機器でも乾燥してしまう場合もあるので温まり方にも気を配りましょう。入浴や温泉などしっかり体の内まで温まることが先の温熱の効果が十分に期待できます。

冷え性が過ぎると低体温気質になり基礎体温が低くなります。基礎体温が日中でも36℃を下回るようでは免疫力の低下し、肌トラブルや慢性倦怠感の状態です。
何かと体温が計られるようになったので、上ばかり気にするのではなく基礎体温自体が低くなっていないかも一緒に確認してみましょう。

休日の過ごし方で起こる自律神経の乱れ

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

お正月ボケや年末の疲れなどで体が重怠くやる気が出なくはなっていませんか?しっかり休んだのに、休んで体が回復して頑張れるぞ!っと思っていたけど休み足りないのか体が重くダルくなんだかシャキッとしないっとなる人は休み方を間違えて自律神経を逆に乱しているかもしれません。

休日明け体調がよくない人は休日をこのように過ごしていませんか?
朝起きる時間が極端に遅くなる
食事の量や回数が極端に違う
同じところから全く動かないで過ごす

自律神経は日々を一定の周期でバランスを取っています。
自律神経は2つの神経のシソー遊びの様な感じでバランスを取り一日で上下していおり、その2つの神経の交感神経と副交感神経が交互に優位になり肉体活動と内臓活動を行っています。

ですので、上記の様な休日、朝目覚める時間が極端に遅くなると自律神経の活動時間もズレいわゆる海外旅行の時差ボケの様に自律神経の活動にズレが生じ、食事の量や回数が極端に変化すると消化機能と共に働くホルモンも大きく変調をきたしやすくなります。また、極端に動かな過ぎると体内時計の時間の進みが狂ってしまい自律神経を乱しやすくなります。

むろんこれらの原因は一回の休日で起こるものでは無く長期の休暇によって表やすく、体力の低下などの要因も相まって現れてきます。

なので、自覚的に自律神経の乱れを実感していたり症状が現れている人はそもそもの自律神経の軸にズレが出ているので修正していくのにも時間を要してしまいます。

なので、自身の生活習慣を見直すだけでは根気が必要になるので整体や鍼灸を用いて症状の緩和ケアを行いながら改善を目指すのが望ましいです。

 

 

新年あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2021年も宜しくお願いします。

 

さて、三が日はいかがお過ごしだったでしょうか?

昨今はコロナの影響で初詣も行こうかどうか悩むような状態で例年の三が日以上に体を動かしていない人も多かったのではないでしょうか?

休みの時はどうしても生活リズムが崩れがちになり、それが連日となると元のリズムに戻すのが辛くなります。
そんな疲れが続いているときの背中は腰から頭まで丸くなっていませんか?

体を動かすごとが少なく横になっていることが多くなると筋肉が鈍り体歪みやすくなります。
そんな体で無理に体を動かしていると疲れが更に溜まりやすくなります。

そこで整体はいかがですしょうか
整体は体の筋肉をほぐして体の歪みを補正していきます。
ほぐれた筋肉は血行が流れやすく、体の歪みの補正は体を動かしやすく疲れが溜まりにくくなります。

休んでいたのに体が重い、しんどいのが中々取れない方は一度整体をして受けて筋肉をほぐして体の歪みを補正してみてはいかがでしょうか?

首・肩・背中が丸くなっていませんか?

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

真直ぐに立った際に、顎を引いて背中に力が入り手が体の横にあるとしんどい方は首・肩・背中が丸くなっているかもしれません。
丸くなっていると、血行不良が起こりやすいので肩が慢性的にコリやすくなり疲労が取れにくく頭重感や目の不調を引き起こすことにも繋がります。また、体の機能や動きも悪くなり代謝が減少していき精神的なストレスも溜まりやすくなります。
こういった原因はスマホやパソコンの見る姿勢です。スマホやパソコンを見る姿勢は背中や首が丸くなり頭を支える筋肉や腕を支える筋肉に負担が掛かり、その負担が長時間に及ぶのでさらに首肩の筋肉が疲弊していきます。

そうした状態が続くと徐々に身体に歪みが生じてきて、呼吸が浅くなって胃などの消化器官が圧迫されて疲れやすく体調も崩しやすい状態が続きます。
意識して姿勢を伸ばしても丸い状態が楽でクセになっているので意識が途切れるとまた、丸くなった状態に戻っていきます。

そこで、重要になるのが姿勢矯正や整体です。
ただ単に体をほぐすマッサージではなく歪みの調整が必要になります。
また、歪みを補正した姿勢を維持する筋力も低下しているので、腹筋力や臀部の筋力の強化も必要になります。

疲れが続く方やほぐしてもすぐに首肩がコル方は首・肩・背中が丸くなっているせいかもしれないので、背中や肩回りをほぐして歪みを補正して適切なトレーニングを行いましょう。

『からだ』と『こころ』

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

私たちの身体は常に自律神経系・内分泌系・免疫系が相互にバランスを取り合い常に微妙な調節が行われています。
しかし、強いストレスなどによりこのバランスが崩れると、身体に異常が生じそれが病気になったりします。そして、この身体の不調や病気は、精神的・情緒的な部分にも影響を及ぼします。また、強いストレスにより食べ過ぎや飲み過ぎ、夜更かしや出不精といった不健康な行動を続けていると、身体を害して病気になりやすくなるのは当然なので、身体と精神状態を把握することは健康で過ごすためには重要なことです。

さて、この身体と精神状態いわば『からだ』と『こころ』の関係をどれほど理解できていますか?

『からだ』と『こころ』の反応や関係性についてはある程度わかってきており、例えば、不安や恐怖を感じると鼓動が早くなり、度が過ぎると胃が痛くなったり循環器系の不調をきたします。また、体調を崩したのが長引くと気分が落ち込んだり神経質になったりしやすくなります。

つまり、『こころ』や精神状態の変化は、体に変調をきたし、逆に体の変調は気分や『こころ』に影響を及ぼす情動反応と呼ばれるものが存在し、これが『こころ』と身体の関係性に強く結びついていると考えられています。
ある行動医学での解説で〈悲しいから泣くのではなく、涙が出るから悲しい〉という関係性を論じています。
そして、生物学的観点からも『こころ』と体の関係性が明らかになり自律神経系・内分泌系・免疫系が微調整を取ながら脳と身体・『こころ』と『からだ』のバランスを絶妙にコントロールしているということが科学的にわかってきました。
『こころ』から『からだ』への影響として、イライラしたり怒っていたりしすると自律神経系の交感神経が優位に働き脈拍や血圧亢進させ筋肉の硬直や消化器の不調をきたします。逆に『からだ』から『こころ』への影響として、運動をしていたり痛みがあったりすると交感神経が働き運動している場合は気分が高揚しやすく痛みの場合はイライラしたり余裕が無くなります。
これは内分泌系や免疫系も同じで、ストレスにより内分泌系のホルモンが分泌され糖の消費や睡眠に影響をきたし集中力の低下や神経質になりやすく、ワクワクしていたり気分が高揚していると内分泌系が働き痛みに強くなったり治癒力が高くなります。免疫系も勉強や職場環境などのストレスで日和見感染を引き起こしたり病気になりやすく気力や悲壮感が出やすくなり、笑顔や笑うことで免疫機能が向上することもわかっています。

 

『こころ』と『からだ』双方が自律神経系・内分泌系・免疫系を介して影響し合い、

自律神経系・内分泌系・免疫系の三つのバランスを崩しやすいストレス状態が長期間続くと『こころ』だけではなく『からだ』の異常を引き起こす要因や逆に身体の調子を崩したままの状態でいると『こころ』の調子や異常をきたしてしまうというわけです。

以上のことから踏まえると、『こころ』と身体両方のバランスが健康で元気に過ごすコツでもあり、体の調子を放って置くことで精神状態や『こころ』に影響を及ぼし、ストレスの溜め込みや精神的負担によって身体に影響を及ぼすので、ストレスの発散方法や気分転換を行ったり首肩のコリや疲労感をお持ちの方は早めに対処することが大切です。

げんき堂で行う冷えむくみ対策の温熱施術

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

これからますます寒くなり冷え性体質の方には防寒対策が欠かせない時期になってきます。家でしっかりお風呂に入って温かくなってもすぐに手足が冷たくなってしまったり毎晩靴下を履いて寝て寒々しく起きているのは寒くなってきているから仕方がないと思っていませんか?
そんな冷え性体質は様々な不調の原因になるので、げんき堂で温熱施術を受けて血行をよくして冷え性の対策と予防を行いましょう。

冷え性は体質のことで病気ではありませんが、単に手足が常に冷たかったり人よりも寒がりだったりするだけでもありません。冷え性になると体を動かすエネルギーが少なくなり本来消費していた分が脂肪に代わって太りやすくなるだけではなく、体の内臓機能の働きも悪くなり便秘や下痢の原因にも、血行が悪くなっているので肌の調子も悪くなり肌荒れや肌トラブルに悩まされやすく、ホルモンの巡りや分泌にも影響を及ぼし様々な身体的不調を引き起こします。
むろんそんな状態が長期的に続くとより体の機能は低下し免疫力や精神的にも影響を及ぼし病気の発症リスクも高くなります。

冷え性には様々なタイプがあり、逆にのぼせてしまったり汗をよくかくタイプの冷え性もあり無自覚やこんなものだと思い込んでしまって放って置く方もいたりするので以下で当てはまる部分がある方は冷え性体質かもしれません。

  • 汗をかくほど運動を最近していない。汗をかいていない。
  • 服は締め付ける服装が多くよく着る。脱いだ際に服の跡や下着の跡が残る。
  • 食生活に偏りがある。たんぱく質や野菜があまり取れていない。
  • 冷たい飲み物をよく飲む。
  • 体温を測っても36℃を超えたことが無い。
  • イライラしやすかったり、睡眠時などに不安や心配することが多い。
  • 寝つけが悪く、寝起きも悪い。

上記にいくつか当てはまっていたら冷え性の自覚調子があまりなくても冷え性対策をして体を温め、生活習慣を見直してみましょう。

冷え性でお悩みの方で食事や冷え対策を労していても一時的で相変わらず冷えが続いているという方は、水の代謝や腸の働きが悪いかもしれません。
水の代謝が悪いと血行の巡りが悪くなりやすく体温調整を行うのが困難になり、腸の働きが悪いと十分な栄養の吸収が行われず熱が生み出せにくくなり自律神経の働きも悪くなります。
水の代謝が悪い人は腰痛も表れることも多く、腎臓が疲れているかもしれません。
なので、ただ単に足が冷えているむくみがあるから足もとだけ温めていたり、靴下を常に履いているだけではよくならないのです。
また、腸の働きが悪い方は慢性的な疲労が現れやすく、栄養素の吸収がままならない状態なので、体を温める食材や血行をよくする食材の栄養素の吸収があまりあれず、十分な食事での効果が得られることが無いので冷えや疲労はそのままです。
ただ単に防寒や体を温めているが冷え性の改善がみられない人は、水の代謝や腸の働きを見直してみましょう。

げんき堂では、そういった冷え性の方に合ったサプリメントや施術を行い体質の改善を目指していきます。
水の代謝が悪い方には、老廃物の排出を行う腎臓の助けとなるシトルリンを濃縮した『巡り』、腸の働きが悪い方は、腸内環境を整える善玉菌を増やす手助けとなる『プリデール』をオススメしています。
施術では、岩盤浴シートの玉川という機器や局所的温熱で全身を温めるラピード温熱施術などがあり、サプリメントで中から温熱施術で外から冷え性の対策を行います。

東洋医学では冷え性は万病の元ともいわれています。たかが冷え性と思って放って置くと気分や精神的な部分にまで影響を及ぼしてしまいます。
毎年冷え性に悩む季節に関係なく冷えているという方は一度ご相談ください。

コロナ禍で起こる体の不調

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

コロナ禍で外出自粛や生活様式に変化が続くなか、慣れない在宅勤務や運動不足による腰痛や肩こりなど「体の不調」を引き起こす人が増えてきているようです。

自粛ムードや在宅勤務など自宅で過ごすことが多くなり極端に運動量が減ってきた代償として、腰への負担が大きくなり腰痛を患う方が多くなっています。また、自宅では作業で使い慣れていない机やイスを使っており、作業中の姿勢が悪くなって首肩周りの負担も多く首肩のコリや体力の低下が引き起こされています。

更に、長期間の運動不足は筋肉を脆弱化させ硬く脆い筋肉になります。そうすると体力は低下し体の柔軟性も無くなり、日常生活でも疲労感やちょっとした運動でも関節痛や筋痛を起こしケガの元になります。また、筋肉の役割は体を支え動かすだけではなく、血液循環の補助や基礎代謝の維持や免疫機能にも影響を及ぼしています。筋肉の役割の一つである血液循環のポンプ作用が弱まることで、高血圧のリスクや血行不良による老廃物や疲労物質の蓄積がおこり倦怠感やむくみの原因になります。そして、基礎代謝が弱まることで免疫力が低下し感染症のリスクが高まり血糖コントロールも難しく糖尿病のリスクも高くなります。

極端な運動不足で起こる体の不調、なるべく歩いたり自宅で軽い運動やストレッチを行い運動不足の対策を取るようにしましょう。中々、運動やストレッチを取り入れにくい方は、運動不足で血行不良が要因で不調になっている場合もあるので患部を温めて凝り固まった筋肉をほぐしてみましょう。

自粛生活の運動不足は精神的にもむしばんでいきます。運動不足は上記にあるような倦怠感を引き起こします。倦怠感があるとやる気が湧きにくく思考もマイナスの方へと向かいがちになります。それによりさらに行動力が損なわれ運動不足を助長していきます。まずは、ちょっとした外出から行動することからはじめてみましょう。

筋肉の話

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

自身のカラダを動かすのに必要な筋肉。筋肉には大きく分けて3つの役割があり、体を支え・動かし・エネルギーを蓄える機能があるので筋肉の量が減ると姿勢が崩れ・動きが鈍く・体力や気力が低下する事になります。さらに、筋肉が弱って衰えていくと動作が鈍くなったり関節痛の要因になりえるだけではなく、便秘や糖尿病のリスクや認知症の進行が高くなることがわかっています。
筋肉が弱く衰えていると、健康被害が大きくなり生活の質が低下し寝たきりや行動が制限され寿命も短くなってしまいます。

筋肉の量が減ると、転倒したり・病気にかかったりするリスクが増えます。つまり、よく加齢による転倒や病気のリスクも加齢による筋力の低下によるものもあるという事なので、筋肉量を増やしたり鍛えるほど長生きで健康でいることができるという事です。
筋肉の成長のピークは20歳ごろで、筋肉の組織は太く長くなっていきます。そして、20歳ごろを過ぎると少しずつ筋肉量が減っていき、70歳代では20歳代の4割程度に減少するようです。特に、30〜50歳代の中年期にあまり運動をしないで過ごすと、筋肉が急激に減少する可能性があります。
1つの目安として、高齢者の歩く速さと10年後の生存率を調べた研究では、普通以上の速さ(毎秒1.4m以上)で歩けるグループと、歩行速度が遅い(秒速0.4m未満)グループとを比べると、10年生存率に3倍程度の開きがあることがわかりました。つまり、歩くのが速い人、すなわち筋肉量が多い人ほど長生きできることを表しているので、歩くのが遅いと感じている人は、運動や適切な食事などによって速く歩くことができるようになれば、健康や寿命を伸ばすことが可能です。

しかしながら加齢に伴い筋肉量は減っていきます。そして、筋肉が減ると、肺炎や感染症、糖尿病などさまざまな病気のリスクも高まります。
特に、筋肉が減ると免疫機能が低下し、肺炎などにかかる人が多いこともわかってきました。厚生労働省研究班の報告によると、筋肉量の少ない高齢の男性は、多い男性に比べて死亡率が約2倍になるとの調査結果がでています。

将来、健康的な生活を過ごそうと思うのなら筋肉量の維持や増強は必要です。そして、筋肉量の維持や増強には運動が欠かせません。筋肉量を維持するためには、少なくとも1日6000〜8000歩は歩くことが必要ですが、さらに筋力を増やすには筋力トレーニング(筋トレ)を行う必要があります。
筋肉量は年齢とともに低下しやすくなりますが、筋トレを行えば、高齢になっても筋肉を増やすことができます。
筋力が落ち移動機能が低下した高齢者を対象に1時間程度の運動を週2回行った調査では、1年間で筋肉が5.5%増加しました。運動は継続して行うことが大切なので、比較的取り入れやすい運動を生活の中に取り入れて行うとよいでしょう。
筋肉を鍛えて強くするためには体を適度に動かさないといけませんが、運動強度が強すぎると筋や関節を痛めることに繋がるので、運動を行っている際に痛みや違和感を感じるのであれば運動を一時中断し運動内容を見直す必要があります。
健康や体の事を考えて行っていること逆の結果にも繋がりかねないので注意しましょう。

そして、筋肉の増強には食生活も重要になります。
運動のあとにコップ1杯の牛乳や豆乳をとるなど、運動と併せて栄養をとることも効果的ですが、特にたんぱく質を摂取するようにしましょう。
筋肉はたんぱく質でできており、合成と分解が常に繰り返されていますので、食事でもたんぱく質をしっかりとり、合成を活発にすることが必要です。たんぱく質は、肉・魚・卵・牛乳などに多く含まれる「動物性たんぱく質」と、大豆や穀物などに多く含まれる「植物性たんぱく質」に分けられます。どちらもバランスよくとるようにしましょう。肉をとる際には、脂肪分の少ない赤身の肉がおすすめです。
筋肉にとってもう1つ大事な栄養素が、ビタミンDです。魚介類、卵、きのこに多く含まれています。ビタミンDには、体内のカルシウム吸収を促して骨を増強するとともに、筋肉の合成を促す作用があります。
また、ビタミンDは日光に当たると体内で合成されるため、日に当たることも大切です。高齢者の方は、肉や魚などのたんぱく質が足りなかったり、ごはんなどの炭水化物を中心とした食事になったりすることがあります。また、過度の食事制限をしている女性も、たんぱく質が不足しがちです。筋肉をつけて健康を保つには、メニューを工夫し、積極的にたんぱく質やビタミンDの摂取量を増やすようにしましょう。

大小の筋肉を含めて約600もの数があり、それぞれの動作に合った筋肉を使って日々の活動を行っています。
その中でも大切な体を支える体幹の筋肉や歩くのに必要な下半身の筋肉を鍛えるようにして、健康で過ごしてみましょう。