正しい姿勢とは?

正しい姿勢と言われた時に大抵背筋を伸ばして肩甲骨を引き寄せて胸を張ってしまうと思いますが、それは本当に正しい姿勢なのでしょうか?
理学的に通常な姿勢というのは身体の支えている筋肉が前後左右均一に緊張しバランスがいい状態で、解剖学的には耳・肩口・股関節・膝関節が垂直線上に並ぶ状態です。
ですので、正しい姿勢になろうと背中の筋肉に力を入れている状態や胸を張っている状態だと理学的・解剖学的にも通常の状態から逸脱しているという事になり、関節や筋肉の位置関係が崩れてしまった場合それに応じて大きな負担がかかることになります。

ですので、姿勢が崩れていくと余計な負担が掛かりそれにより骨の軋みや軟骨のすり減り、神経の圧迫などの原因にもなりえます。そんな辛い症状や不調の原因にもなりえる姿勢ですが、正しい姿勢=真直ぐ というわけではなく本来は前後にS字状に湾曲しています。
そんな状態の姿勢を意図して真直ぐにしてしまうと湾曲することで前後に逃がしていた重力の負荷が逃げないで体に圧し掛かってしまい、前後の筋肉の緊張がアンバランスになり一方側への負担が大きくなります。
今の自分の姿勢の状態を把握していないと症状の悪化や他の症状を誘発させる原因になりえるので今の自分の姿勢と症状を理解することが大切です。

姿勢を理学的に分類すると理想の姿勢を基準として4つのパターン分けられます。

1つが、過前弯姿勢で無理に姿勢をよくしよう姿勢を正した際になる姿勢で、起立筋や背部の筋や肩回りの筋に力が入っている状態です。肩こりや坐骨神経痛になりやすいタイプです。

次に、後弯-前弯姿勢で加齢による腰の曲がりで腹筋や腹圧が低下するとなりやすい姿勢で、重心が前になりつま先に荷重がかかりやすく膝の負担が増え背骨の湾曲がきつくなり湾曲の節首や腰の圧が高い状態です。変形性膝関節症や圧迫骨折、脊柱管狭窄症や頚椎症になりやすいです。

3つめが後弯-平背姿勢でいわゆる猫背の姿勢、頭が前に突っ込んでいるような姿勢で頚椎症や胸椎の圧迫骨折、腰部・臀部や股関節の負担が大きくなりやすく、内臓への負担もかかりやすく便秘や頻尿の原因にもなりやすいです。

最後が平背姿勢、背骨の湾曲が無く一見いい姿勢に見えるかもしれませんが体の負担が大きく重い症状をもっている場合が多く腰椎と骨盤の負担が大きくなりやすい状態です。頸椎症や椎間板ヘルニアになりやすいです。

この4つの姿勢は前後の歪みの姿勢ですが、この他にも左右に歪む側彎やねじれの歪みがありまたこれらが複合して起こっている場合があり片側の負担が大きいと現れやすいものです。

人は身体を起き上がらせて生活していることがほとんどで、常に重力に拮抗し身体を支えており、そこにデスクワークやスマホの長時間の使用や運動不足などで姿勢は崩れがちになりやすくなります。
症状こそ現れていないと気にする必要や心配はありませんが、周りが気づくほどの状態だと後々症状があらわれてくる可能性が高いので早めに対処してみましょう。

東洋医学からみた秋の養生法

鍼灸整骨院げんき堂です

秋はだんだん涼しさがましてきて、気温が低くなる時期です、冬に備えて体調を整える時期になります。

東洋医学では秋は肺と関係が深いと考えれており、肺の働きが変動しやすい時期になります。肺の働きが弱ると体を守る力が弱り風邪をひきやすくなります
秋は暑い夏に体力を消耗したり、夏の間のクーラーや冷たい物の飲食になどにより体を冷やしたりして溜まった疲れが出やすくなります。

東洋医学では疲れに関係するヒトの生命力を、先天の精と後天の精、と2つに分けて、考えます。
先天の精とは親から受け継いだ生命力、後天の精とは、食べ物から消化によって吸収する生命力です。

夏の間の疲れはやはり、胃腸の調子を良くして消化をより良くし、後天の精を高めて疲れを取っていきましょう。
具体的には、体を温める働きのある根菜類などを摂り、生もの、生野菜、冷たい物はなるべく控えましょう。

肺の季節である秋は、もともと抑うつ傾向にある方は、気分が塞がりやすい傾向になります、軽い運動などをして、気分を外に向けましょう。

秋は寒暖差が大きく筋肉がひきつりやすくなりますので寒さを感じない時期からこまめに衣服の調節をして、暑すぎない程度に冷えを防ぎ体を温めましょう。

以上、秋の養生法でした。

腸の働きと気になる症状

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

この時期は美味しいカレー、栄養価の高いカレーは食欲が無い夏場には夏バテ予防にも勧められることがありますが、その豊富な栄養を吸収しているのが腸です。

腸は小腸と大腸に分けられ合わせて7~9mほどの長さで拡げると1.5枚分の大きさになり、第二の脳と呼ばれるほど神経細胞が複雑なネットワークを持ち、免疫や造血に深くかかわる消化吸収器官です。

腸の働きとして
・消化吸収
腸の特に小腸の空腸でたんぱく質を分解する消化液が分泌されており、異物による腸への負担を軽減させる役目もあります。
また、腸では消化された栄養素の吸収や水分の吸収を行っており吸収されきれなかったものが便として排出されます。

・ビタミンの合成
ビタミンB群やビタミンKを合成し肌の健康や疲労回復、血液の状態を維持するのに必要です。

・ホルモンバランスの制御
消化器官へのホルモン調整を行い血糖コントロールや食欲の抑制にも関与している。

・免疫
腸は免疫のおよそ7割を担っており、腸内環境が整っているとアレルギー症状を軽減されやすくなっています。
また、腸内環境が整っていることで病原菌の減少や繁殖が抑えられ感染予防に役立ちます。

・神経ネットワーク
腸は自律神経と深く関わっており、神経細胞を多く有しています。ですので、腸には独自の精神ネットワークが構成されており、脳からの指令がない場合でも単独で活動できるといわれています。そのためストレスや精神状態による影響を大きく受け腸の機能が正常に働き難くなります。
精神状態が腸に影響を与えるように実は腸も精神状態に影響を与えており、精神安定に関わるセロトニンは腸からも多く生成されています。

様々な役割を有している腸。この夏体温調整や水分バランスを取るのに忙しかった腸は疲れているかもしれないので、こんな症状が続いているなら腸を休め回復できるように努力してみましょう。

・食欲がわかない      ・体のむくみやすくなった
・排便リズムが崩れている  ・肌荒れが出やすくなった
・疲労が残る        ・おならが溜まりやすくなった
・不安感や気分の落ち込みやすくなった

 

 

東洋医学から見た夏の過ごし方

夏はすべてのものが盛んに成長する季節で植物も人間も活動的になります
夏は気温が高く人間は汗をかくことによって体の外に熱を逃がしています
しかし、夏の熱気が強すぎると体の水分が奪われ、体の内臓が熱をもってきます
内臓というのは、暑すぎても、寒すぎても動きが悪くなり、消化吸収の力が弱まり、食欲不振や、胃のもたれ、下痢などの症状がでてきます

夏の暑さは東洋医学では心臓に関係すると考えられています、夏に炎天下で仕事などすると、心臓がドキドキし、動悸や息切れなど経験などある方もいらっしゃるかもしれません夏になると気温が高くなり、汗をかきます 汗は血液から作られていますので、汗をかくと血液の量がへって体を冷やす力がなくなり、心臓にまで熱がおよんでしまい、息切れ、動悸、胸苦しさなどの症状が出てきますのでこまめな水分補給をこころがけましょう

夏は胃腸の調子が狂いやすい季節でもあります。東洋医学では胃は釜にたとえられます、食べたものを釜で煮て、体に必要な気血が作られると考えられています、体の水分が少なくなり、体温が上がると釜が熱すぎになります、又、冷たいものゃ生ものの飲食が多すぎると釜の火が弱くなります、 熱すぎても、温度が足らなくても胃の働きが悪くなり、胃腸の調子が悪くなります

夏は消化の良いもの温かいものをとり、冷たい飲み物がどうしてもほしい時は少量づつ摂るようにしましょう

デトックスイベントを行って

先日、足から溜まった毒素を出すデトックスイベントを行いました。
これで4回目のデトックスイベントになりますが、毎回少し困っているのがデトックスによって発生する 臭い です。
デトックスの方法は特殊な微弱電流を流す器械にぬるま湯と少量の塩を混ぜて素足を入れるだけですが塩素臭さのようなニオイを発生させてしまいます。
ですが、このニオイ発生の原因は体臭の原因にもなりやすい身体に溜っていたアンモニアの排出によるものなのでしっかりとデトックスされたと思って換気を欠かさず行っています。

今回もたくさんの方がデトックスを体感してくれた感想をご紹介します。

50代 女性
3月から毎月受けているが、毎回自分の身体からこんなに毒素が出てくると目で見ることができビックリしている。

60代 女性
デトックスを受けると ふくらはぎ や 脚 がスッキリし軽くなり楽になるので毎回待ち遠しい

40代 女性
どうせ悪いだろうなーっと思いながら受けているので、覚悟はしていてもやはりものすごい色の毒素が出てくるので恥ずかしい。

50代 女性
毎月 娘と一緒に受けていますびいようと健康のために楽しみにしているイベントです。

7月19日(金) 20日(土) にも開催します。

気になる方はご連絡ください
電話 078-862-3295
mail gennkidou_rokkou@i-impression.co.jp
LINE 登録後ご連絡ください
にて、ご連絡ください

げんき堂患者さんの声

まだまだ梅雨入りを感じられない六甲道ですが、これからも暑さと湿気に負けないようにガンバっていきます。
スタッフだけでなく患者さんもこの暑い中、遠方からや日差しの中来られる方々もいらっしゃるので院内で熱中症の注意喚起を常日頃呼び掛けています。
そんな中ラドンルームや施術を受けられている方からのうれしい声がありましたのでご紹介します。

70代 女性
ラドンにかかり始めて1年が過ぎました。眠りが浅く病院にも通っていたほどでしたが、ラドンで眠りが深くなり夜中も目が覚めず美肌にもなった。

80代 女性
風邪が長引き肺炎になったけれど、重症化せずお医者さんも感心されて自宅療養で済んで回復しました。以前は何か調子が悪くなるとしばらく寝込んだり入院していたのでよかったです。

60代 女性
加齢による抜け毛やコシのない髪が、ラドンに入って1年過ぎた頃元気でしっかりした髪になり抜け毛も減ったので髪が増えました。嬉しい。

40代 女性
中性脂肪が200前後あったのに90まで下がって、お医者さんにビックリされました。

体質の変化は緩やかに変わっていくので慌ててするのではなく、1年後3年後の先を見て行っていきましょう。

胃腸の疲れと夏バテ

近年の夏の陽気は異常で猛暑で夏バテが心配かもしれませんが、内臓の特に胃腸の働きに注意することで夏バテの予防・回復につながります。
夏バテの症状と言えば、ダルさや疲労感と食欲不振や下痢が主で、原因となるのが、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、によって内臓の特に胃腸の疲労・腸内環境の悪化していきます。

そんな弱った胃腸の回復には胃腸を休ませるのが一番ですが、それによって食事を取らないと栄養不足になってさらに疲労感と食欲不振を助長していきます。
ですので、胃腸に負担をかける食事を避けて徐々に回復していくのが望ましいのです。
胃腸に負担をかける食べ物として、刺激物や高脂質や生ものや冷えた物や食物繊維が豊富な食べ物が上げられます。当然、食べ過ぎも胃腸の負担を助長させます。

 

逆に胃腸の回復を助けてくれるものとして、高タンパクな物やミネラルとビタミンがあります。また、食べる以外にも胃腸の回復を助けることとして、適度な運動・十分な睡眠・体の温めが必要でこれらができるので足りていないと思うところがあるなら見直して改善してみたり、サプリメント特に高品質のアミノ酸を積極的に摂取して栄養不足に陥らないように心がけましょう。

ちなみに、血液は腸でも作られるというのを知っていましたか?
実は、腸の働きが悪いと血液の質が悪くなりやすく、肌荒れの原因や肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れやすくなります。
また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下して病気になりやすく夏風邪にもなりやすくなるのです。
ですので、胃腸の体調を崩さないようにまだ夏本番の今のうちにできることをして対策を取っていきましょう。

認知症の前病症状 MCI・軽度認知障害 を知ろう

認知症の治療法と早期発見

現在、認知症患者の数は推定400万人以上で2025年には700万人とも推計されておりその予防や対策が考えられていますが、今だ認知症の治療法は確立されていません。
しかし、認知症の原因や予防法の研究は進み、さまざまな検査法で認知症の早期発見や認知症になる前の状態を把握し認知症への予防と対策が取れるようになってきました。
認知症の検査方法では、問診形式の様々なテスト形式で採点したりする方法やMRIなどの画像検査や脳血流量を調べるSPECT検査などがあり、問診形式と画像検査を踏まえて認知症かどうかの判断をして早期発見できるようになっており認知症の進行を遅らせれるようになってきました。

MCI・軽度認知障害とは?

認知症の多くは唐突に発症するわけではなく認知症の前段階が長期的に続いて、結果、認知症を発症すると考えられ、その前段階で認知症予備軍とも言われるMCI(軽度認知障害)の状態の65歳以上での患者数は400万人以上と言われており、2025年には700万人にも昇るとされています。
そんな認知症予備軍のMCI (軽度認知障害) 定義が大前提として認知症ではないという事で、そのうえで以下の項目に当てはまることがMCI (軽度認知症害)とされてます。

・本人または家族から記憶障害の訴えが認められる
・年齢や教育レベルの影響という範囲では説明できない記憶障害がある
・日常生活は(食事・排泄・衣服の着脱など)は自分で行える
・全般的な認知の機能(常識行動・判断能力)は問題ない

というのが、MCIの定義とせれているので、65歳以上の方で上記が1つでも当てはまっているのであれば検査・テストをしてみて自分の状態を把握し対処する必要があります。

MCIの検査・テスト

MCIの診断には病院や精神科、専門機関 などで診断されます。
まずは、問診して認知機能や身体検査を行い画像診察を経て診断しています。
地域ごとで認知機能の検査を個別行っているところもあり、その結果疑いありの場合は専門機関への受診を行うという所が多いです。
認知機能検査としては、計算力や記憶力や空間把握などの能力を筆記テストを行ったり、ペーパーの設問項目にいくつ当てはまるかなどの様々なものがあるので気になる方は一度試してみたり身近な人にしてもらって診察への動機づけにして頂ければと思います。
画像診察では主に脳血流量や脳自体の委縮度合いを診察し総合的な判断を行います。また、認知機能の低下が他の疾患が原因で起こっている場合もあるので一概に認知機能の検査やテストが悪い=認知症というものではないのでしっかり検査して判別する必要があります。

最後にげんき堂で認知テスト検査を行って

先日、げんき堂でも認知テスト検査を行いました。
内容は問診し自身の自覚症状の有無や生活習慣などを聴き取り、口頭で答えるテストの記憶力や判断力を計るテストを行い、結果をもとに生活習慣の改善や病院への精密検査を推奨させていただきました。
実施してみて意外としっかりしていてもその傾向が出ている隠れた予備軍の方や家族に心配されたりしていてもテストの結果上問題ないといった方がいて、認知テスト検査で自身の状態を把握できた方が多くなりました。
認知症の予防対策を行うのに血流量を増やすための脳トレや脳活動を行い適度な運動を行って、自身の状態を把握し予防対策を早めに取っていきましょう。