鍼灸療法での体のメンテナンスの仕方

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

鍼灸での治療や施術は中国での医学術として伝わり江戸時代まで流通していた歴史ある伝統医療です。
鍼灸療法では、ツボ(経穴)をハリやお灸で刺激することで体の様々な流れや機能を整えて健康増進し自身の体質からの病気の予防を行います。
しかし、鍼灸療法を受けるうえでのよくある不安が『針を刺すときの痛いや恐い』ですが、鍼治療で用いられる針はとても細いもので、注射針などのような刺された痛みは感じにくくなっており、また、げんき堂では針を刺さずに行う鍼灸療法を取り入れているので、鍼灸療法に不安を覚えている方は一度ご相談ください。

古くからの伝統医療であった鍼灸療法は、その明確な原理は解明されてはいませんが、経験的に症状の改善や治療効果が認められていることからWHOでも鍼灸の効果が認められ、実に41疾患の症状が鍼の適応症と定められています。

定められている41疾患0
頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

鍼灸療法は自然治癒力の回復を目的として行っており、

疼痛の緩和     血液・リンパの循環改善

関節可動域の維持・増大   心肺機能の改善

内臓諸機官の機能改善    残存機能の改善

心理的効果

があげられます。

またこれらの治療は、総合的にADL(日常生活動作)の向上や精神的負担の軽減につながり、患者が人間としてのより質の高い生活を営むこと、つまり「QOL(生命の質)の向上」に対しても良い結果となることが十分に期待されます。

鍼灸療法の基礎となる東洋医学では、もともと生活様式や体質から弱りやすい部分の向上や自己生命力の助けとして使われており、日常生活に寄り添ったもので日々の生活の一部として自身でも行って予防していくものでした。
体質的にむくみやすい人冷えやすい人赤ら顔の人肌が荒れやすい人など東洋医学的に関連する臓器があり、それぞれの機能を高め整えるためのツボを刺激して体の体調を整えています。
また、この体質と季節の移り変わりの気候の変化による影響による症状もありますが、鍼灸ではこれらの弱くなりやすい体質で重い症状に陥らないようにするためにツボやお灸での対処してきました。

鍼灸療法では一人ひとりの体質や状態を見極めて施術をしています。
日常的に不調となっている症状の改善を求める声なき声を拾える用にすることが何よりも大事です。

睡眠

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

日本の平均睡眠時間は諸外国と比べると短く厚生労働省の平成30年「国民健康・栄養調査」では、20歳以上の男女の約20%の人が1カ月以内での睡眠時間があまりとれていない又はまったくとれていないと回答しており、特に30~49歳では約30%の割合で睡眠が取れていないと回答しているそうです。また、全体の半数以上の方が7時間未満の睡眠時間と答えた結果となっています。
睡眠がきちんと取れていないと体調を崩すだけではなく精神的や心理的にも影響を及ぼすので、睡眠をきちんととることはとても重要な事です。ただし、睡眠時間をしっかりと取ることが睡眠が取れているというわけではなく睡眠の質が重要なポイントになっています。

快適な睡眠を得るためには、寝る前の行動はもちろん目覚めた際の行動でも睡眠の質や睡眠の導入に影響を与えるので睡眠の不足を感じている方や寝つけが悪い方は、日々の行動に変化や注意をして過ごしてみましょう。

・適度な運動を行う
体を動かすことで筋肉の代謝が上がりバイオリズムが整いやすくなります。

・脳を休ませる
快適な睡眠の妨げになりやすいのが脳の覚醒です。寝る前の2時間の間に、スマホやパソコンなどの強い光を集中して見たり、熱いお風呂への入浴や激しい運動は控えましょう。

・食後2~3時間を空ける
満腹状態であったり食後直ぐに就寝すると、食べ物の消化のために体が十分に休みにくくなります。

・目が覚めたら朝日を浴びる
朝日を浴びることでホルモンが分泌されそのホルモンが体内時計の調整も行っており、ある研究では朝日を浴び続けることで入眠時間が規則正しくなっています。

睡眠は何時間取ればいいというものではなく、人それぞれの体質や年齢など個人的なものに影響され、3時間の睡眠で十分という方もいれば10時間寝ないと足りないという方もおり様々です。
睡眠不足を感じている方や寝つけが悪くなってきた方などで、日中の眠気や疲れや不調が出てくるようであれば寝る前の習慣を見直してみましょう。

また、睡眠不足が続いてくると疲労が蓄積し自律神経が乱れやすくなり筋肉がコリ固まってしまいます。このコリ固まった状態は睡眠時に必要なリラックスを妨げ、さらに睡眠の質を下げてしまうので、睡眠を取っても残る疲労を取り除きましょう。

・入浴
できれば30分~1時間程度ぬるま湯で入浴し疲労を流しましょう。長時間の入浴が苦手な人は温冷浴という入浴法を試してみましょう。入浴することで血行が促進し水の浮力の影響でリラックスしやすくなります。

・マッサージ
筋肉をほぐすマッサージや整体も溜まった疲労を取るのに有効的です。特に首肩周りの筋肉がコリ固まりやすくリラックスの妨げになり睡眠不足なりやすくなるので、首肩周りが重たい方はほぐしておきましょう。

様々な方法の疲労回復があるので、睡眠不足が続く方は自身に合った方法を試してみましょう。

目のケア

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

パソコンの画面やスマホの画面を見る機会が増えてきましたが、それに伴い目と頭や首への負担が多くなって疲れが溜まっていないでしょうか?
何かを集中して見ていたりしていると、目線がぶれない様に目の周りや首肩周りの筋肉に力を入れて顔の位置を固定しています。
ですので、長時間のデスクワークやスマホの使用で目の周りや首の周りは疲れが溜まりやすい状態です。
また、何かを集中して見ているとマブタを閉じる回数が通常の1/3ほどに落ちてしまいます。その影響でドライアイになるリスクも高まります。

目への負担を減らすために

    • 目の疲れや目を疲れにくくするのには休養大事です。
      デスクワークでの作業やスマホやSNSの使用での合間の休憩をしっかり取り入れて、意図的に遠くを見たり、目を動かして、まばたきをしてみましょう。
    • パソコンやスマホの画面との距離や角度を気にする。
      目は近くのものを見ていると目に負担を掛けてしまいます。それが長時間に及ぶと疲れやすくかすみ目にもなりやすいです。
      また、スマホで画面を真下で見ていたりうつ伏せで寝そべって見ていたりすると首への負担が大きくなり、その負担の疲労が疲労回復の妨げになり疲れが残りやすくなります。画面から30cmほど距離を取ってなるべく顔が正面に向くように調整してみましょう。
    • 用途に合わないメガネやコンタクトレンズは、疲れ目を起こしやすくて肩こり・頭痛につながります。遠くのものが見えにくくなってメガネやコンタクトレンズをしてパソコン作業など近くのものを見る様な作業を行っていると反対に疲れが溜まります。また、視力低下が起こっているのにメガネやコンタクトレンズを使用していないと目の疲労度は上がります。
      作業環境や日々の生活に合ったメガネやコンタクトレンズの使用をしましょう。
    • パソコンやスマートホンをあまり使用しなくても紫外線の影響で目が疲れたり目に負担が掛かっています。夏場などの日差しが強いところで長時間作業する場合は紫外線の保護できるサングラスなどを掛けて負担を軽減しましょう。

時代や生活スタイルの変化によって目への負担が掛かりやすく大きくなっています。そんな目が疲れている状態は目の周りや首周りが凝り固まって血行が悪い状態です。
凝り固まった筋肉をほぐし血行を改善することが疲労回復をしていきましょう。

目の疲れの疲労回復に

目を温める
心地よい温かい温度40度前後のシャワーや蒸しタオルなどで目の周り、顔全体を温めてあげると、血管が拡がり筋肉が緩みやすいので血行の改善になり疲労物質や老廃物を流していきます。
頭やこめかみ部分が固くなっている方は、一緒に首肩周りも温めてあげると首肩周りの血行が改善し肩こり対策にもなります。

マッサージ
フェイシャルマッサージやヘッドスパなども目の負担を軽減さるものですが、自身で行う場合には注意が必要です。目の周りの筋肉は薄くリンパの流れなどもあるのでやたらと強く、自己流でのマッサージなどには気を付けて行いましょう。
(げんき堂の目のエステケア概要)

日常のほとんどの情報を人は目に頼って生活しています。そんな目が疲れていると、注意力が散漫になったり判断が鈍くなったりなどの影響が出てきてます。

最近、目が疲れるように感じたり首肩が重たく感じたりするようになったら、目からの疲れのサインかもしれません。

膝痛

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

日常動作が辛くなる膝の痛み、歩くことや走るかことを定期的にしている人や立ちっぱなしで居ることが多い方は一度は膝の痛みや違和感を感じたことがあると思います。痛みが強かったり、日々の生活の中で支障をきたすような痛み、2~3日経っても痛みが引かない場合は、診察や治療を受ける必要があり多少の違和感でも早めに対処していくことが大切です。
多少の違和感や痛みをそのまま放っていると悪化していく可能性が高く、仮に症状が好転したとしても同じ症状が再び表れることは珍しいことではありません。早めにに、対処していくことが大切です。

膝軟骨の減少の要因

慢性関節リウマチやなどの病気由来のものを除く膝軟骨の減少の要因として上げられるのが、過度な運動・X脚やO脚・筋力の低下・体重の増加・合わない靴 が上げられます。

過度な運動
過度な運動では疲労を残したままでの運動や自身の筋力以上のトレーニング、運動後のケアや準備運動不足なども上げられ、膝関節の動作が健全に動かすことが出来ずに偏った負担を掛けたまま運動を行い続けた結果軟骨の減少が起こります。
運動を行った際はケアや疲労回復に努め負担が掛かるような動作のクセを直すことが大切です。

X脚やO脚
X脚は膝の外側に圧が内側に伸張性の負担が掛かり、O脚は膝の内側に圧が外側に伸張性の負担を掛けます。むろん、膝軟骨の部分的な負担が大きくなり軟骨の摩耗が激しいので変形性膝関節症に移行しやすく症状も重くなる場合もあります。
筋力低下による後天性のX脚やO脚の場合は、筋力トレーニングや矯正によってX脚やO脚が補正や軽減することが出来るので、気になる方は早めに対処することが重要です。

筋力の低下
筋力が低下すると体の支持が不安定になります。そうなると関節間のクッションの役目である軟骨への負担が大きくなり、結果摩耗が激しくなります。また、正常な関節運動もできないので、円滑な関節運動ではない関節に余計な負担を掛けた動きになります。筋力が落ちたからと言いて無理なトレーニングや運動を行うと逆効果になる場合があるので、自身に合った負荷のトレーニングや運動をしていくことが大切です。

体重の増加
膝には体重の3倍の負担が掛かるとされ、体重が増加するという事は体重が増えた分の3倍の負担が膝に掛かるという事です。つまり、同じ運動量だとしても体重が重たい人の方が膝への負担が大きいという事で軟骨の摩耗が激しく膝の痛みが出やすくなります。膝の痛みや軟骨の膝関節の変形が強い場合はプールなどでの歩行運動や水泳などの膝の負担を軽減させる運動を行って体力や体重のコントロールを行いましょう。

合わない靴
長年履いている靴や靴づれもしくは指が痛いなどがある場合は、その靴のせいで歩行の姿勢に負担が掛かっているかもしれません。きちんと自身に合った靴を履くことが大切です。

膝の痛みや違和感の原因はさまざまです。膝関節の痛みは長期間に及ぶ負担が原因であることがほとんどです。今まで気づくことのない負担の容量がいっぱいになって現れています。しかし、多少の軟骨の摩耗での膝の痛みの場合は、きちんとトレーニングし柔軟性を高め、動作や姿勢を正すことで緩和軽減することがほとんどです。膝の軟骨が消耗して変形する前にケアを行い、膝の痛みでの悩みを抱えないようにしましょう。

 

肩こり

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

人の頭はおよそ5キロほどで首肩で支えています。頭は首の骨だけでは支えられず骨を軸とした周りの筋肉によって支持されています。
ですので、いわゆる『肩こり』というものは、頭を支持する筋肉からの休養要請でその状態を無視し続けてしまうと様々な症状が現れる引き金になってしまいます。

 

肩こりで現れる症状
そもそも『肩こり』という病名も症状もなく夏目漱石が表現し造ったものとされて一般的になってきました。ですので、はっきりとした状態や病態があるわけではなく血行不良によるものが主とされていますが、筋疲労や筋緊張由来のものであったり、自律神経系の不調やストレス性、心因性によるものなど『肩こり』の病態をはっきりと現すことは難しくよって症状も多岐にわたって個人差があります。

肩こりの原因
厚生労働省の調査の中で日常生活で自覚している症状の1位が『肩こり』です。その原因は数多く存在しますが、特に要因が大きいものが長時間の同じ姿勢・眼精疲労・運動不足・過度なストレスの4つです。一概に『肩こり』といっても原因はさまざまで、予防法も異なってきます。それぞれの肩こりの特徴を踏まえて対策をしてみましょう。

長時間の同じ姿勢
頭は首肩の筋肉で支えられており重さは5キロ、単純に5キロの物を長時間持ち続けるのは誰だってしんどくなります。つまり、同じ姿勢で長時間いるという事はほとんど同じ筋肉で頭を支えていたり顔を起こしていたりしている状態です。また、これらの状態が長期的に続いてしまっていると首の頸椎同士の関節の負担と肩甲骨の動きの固さに繋がり、五十肩や頚椎症の要因にもなります。長時間の作業や同じ姿勢で居るのなら凝り固まった首肩周りの筋肉を定期的にほぐし動かすことで、血行がもどり筋肉の負担が和らぎます。

眼精疲労
上記の同じ姿勢と症状の現れ方が似たようなところがあります。眼精疲労を起こしていると、ピント調整機能の低下から姿勢が前傾的になりいわゆる猫背になりやすくなります。猫背になると頭部は前面に押し出されるような形で首肩周りの筋肉で吊り上げないといけなくなり、首肩周りの筋肉の負担が増大します。また、眼精疲労は目のいわゆる使い過ぎなので目の刺激による自律神経の乱れによる筋肉の緊張が起こり肩回りの筋肉の緊張が強まります。目の負担を軽くし定期的な目の運動(目線を左右上下に動かすなど)を行い休息をしっかりと取っていきましょう。

運動不足
運動不足が続くと筋繊維が固くなり血行不良を起こしやすくなります。その結果老廃物や疲労物質が溜まり十分な血液の供給が困難で筋肉が疲労しやすくなり、筋力が弱まります。筋力が弱まっても頭を支えることは変わらないので首肩の負担が増えることになります。首肩の筋肉を鍛えるというよりかは首肩の土台となる体幹を鍛えて支持できるようになりましょう。

過度なストレス
イライラしたり恐怖を感じたたり我慢を強いられている状況下では、肩を怒らせ首をすくめ歯を食いしばります。これは、過度なストレスを受けると緊張し筋肉に力が入ってしまいやすいからで、首肩に起こると血行不良が起こることで肩こりを感じさせ悪化させます。また、過度なストレスは自律神経にも影響を与え自律神経のリズムが狂ってきます。その際に筋肉の緊張を緩める神経の副交感神経が働き難くなり不眠や頭痛の原因になり、肩こりをさらに助長させる要因になります。ストレスは積み重なていき、それに伴い身体の症状が現れます。ストレスの原因に対処できない場合は、溜め込まないようにして現れる症状に対処していきましょう。

デスクワークが多くなりスマホの普及に伴っての首肩の負担が増えてきています。これからも日々付き合うしかない『肩こり』、ただの肩こりと思わずにあなたのやる気や気力を奪い文字通り重しとなって付きまとっていくものです。
筋肉をほぐして血行不良を見直して日々のストレスや疲労に対処していきましょう。

腰痛

こんにちは鍼灸整骨院げんき堂です。

 動作の要となる腰。腰を痛めた経験がある方は歩くはもちろん立ち上がる起き上がる座るなどの単純な動作にも支障がでることは知っていると思います。主に腰痛の原因とされているのが腰部の関節機能破綻です。

腰部の構造

腰部は脊椎と呼ばれる骨が縦に連なってのその間に軟骨である椎間板が介在することでクッションとなって骨同士の擦れの防止し、その周囲を靭帯などの繊維組織が支えて、これらを保持しているのが周りの筋組織です。
これらの組織を破綻させる要因として次の3つがあり、動作要因・環境要因・身体的要因 が上げられます。

それぞれの要因

 動作要因としては、重量物の持ち運びなどの取り扱い・介護看護によるもの・長時間の同一姿勢作業・不自然な姿勢や動作の繰り返し・急な又は不用意な動作 が上げられます。

 環境要因としては、振動・温度と湿度・床面の状態・照明・作業空間の状態・勤務実態が上げられます。

 身体的要因としては、年齢や性別・体格・筋力や筋バランス・基礎疾患や既往歴が上げられます。

腰痛を発生したり悪化させたりする場面において、これらが単独の要因だけが関与することは希で、いくつかの要因が複合的に関与している場合がほとんどです。
また、腰痛を誘発させる要因として心理的・社会的な要因があり上記の要因がないもしくは少なくても腰痛を発生させてしまう方がいます。

腰に負担が掛かる要因減らすことで腰痛の発生や悪化を防ぐことが可能ですが、大抵の場合は腰痛を患わせるもしくは症状が悪化してから気づくことが多く治療や施術を行うことが早期回復につながり今後の予防にもなります。

治療や施術

腰痛の多くはレントゲンでは判別しにくいものが多く、再発率も高く1年以内に3割もの方が再発し、同じ作業でも腰痛を患ったことが無い人と比べると10倍ほど腰痛を患う可能性が高くなります。
その理由として、腰痛のほとんどが安静で緩和することが多く湿布薬や鎮痛薬で痛みのコントロールが可能だからで、これらの薬は腰痛の誘発原因を除去している訳ではなく痛みだけが軽減し治ったと思い結果、原因の対処がおろそかで、負担となっている腰部の組織への負担が増えてしまうことで、腰部の組織の損傷の悪化と再発に繋がってしまいます。

このような場合に効果が出やすいのがいわゆる整体やマッサージなどです。
げんき堂での徒手施術・整体では痛みによって誘発される筋緊張を緩和させ痛みをコントロールし、筋バランスや骨連結の整合性を正したりなどすることで腰痛の原因の除去を目指しています。
また、鍼灸では体の気の巡りを整え弱った臓器の手助けをすることで治癒力を高めたりなどを行い腰痛と向き合います。

腰痛は誰もが患う可能性があり再発率がとても高く、症状が悪化しやすいものです。
年齢と共に保持する筋力は衰えやすくクッション機能が摩耗し骨の変形が出てきてしまうものです。さらに悪化していくと神経症状や痛みの増悪、生活活動の制限など様々です。
早めに対処することで、腰痛の頻度や程度、腰部の関節機能の劣化を和らげることが出来るので、早めに対処しておきましょう。

営業再開

コロナウイルスの感染予防対策のため休業させた頂きましたが、
5/11(月)より営業再開させて頂いています。

感染予防対策のためご来院された方には手指消毒と検温を行うようにしております。

ご理解とご協力をお願います。

 

LINE/メールアドレス にて質問・相談受付中

ID:i-gennkidu

mail:gennkidou_rokkou@i-impression.co.jp

臨時休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染予防対策のため

4/21(火)~5/10(日)の間

休業いたします

 

4/20(月)は通常通り診療しています

5/11(月)から通常診療となりますが、予告なく変更する場合があります

 

ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします