ションタの受付日記 『貧困は身近な問題』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

2020年7月に厚生労働省が
日本の相対的貧困率を発表したにゃよ。
人口全体の貧困率は15.4%
17才以下の子供の貧困率は
13.5%となっており
大人では6人に1人
子供の7人に1人
貧困に直面しているそうにゃ。
もちろん地域によって異なるにゃが
見えないところに貧困は拡大しているにゃよ。
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

ある専門家によると
相対的貧困率を更に男女別に推計し直すと
勤労世代(20~64才)で
1人暮らしの女性の貧困率は3人に1人となり、
65才以上で1人暮らしの女性は
2人に1人が貧困とのデータとなるそうにゃよ。
近年ではコロナの影響で若い女性の自殺が増加し
支援活動団体やNPO法人などの
セフティーネットでも
危機感を募らせては発信を続けているにゃ。
命を繋げる取り組みに応援するにゃ。

様々な対策を
国や市町村が実施しているにゃが、
中々貧困は年々増加傾向でますます格差が生まれるにゃよ。
格差の先には何とも殺風景で
殺伐とした社会が生まれ、
人間である良い部分の共感性や
思いやりなどが希薄になるのではないかと
ションタは思うにゃよ。
その極端な思考が「自己責任論」にゃが
社会には責任がないとは言いきれないにゃよ。
何故なら人間の社会は人間同士の関係が循環し、
まんべんなくめぐる事によって
その恩恵がみんなに回る社会構造にゃ。
この歩みに格差は大きく広がっては
社会を守る秩序が成り立たないにゃよ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『審判服の歴史』

鍼灸整骨院健祥 高松祥子です。

オリンピックまでもうすぐにゃよ。
ションタは楽しみにしているにゃ。
今や審判も映像判定になったり各種目に応じて
映像確認から採点が行われていたり
技術も凄いものを感じるにゃよ。
ところで皆さんは何故?
審判やレフリーの存在がすぐ分かるのか?
知っているかにゃ。
スポーツによっては異なる服装にゃが
一説によれば白黒をはっきりつける意味合いから
白黒ストライプ柄になっているそうにゃよ。
今でこそ分かりやすい審判やレフリーにゃが、
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

 そもそも審判やレフリーの服装の起源は
1921年に1人のアメリカ人によって
元の服装から変更したそうにゃよ。
なんでも元の服装は
白いドレスシャツにスラックスや
黒い蝶ネクタイや白いベレー風の帽子と
何とも紳士的な服装であったものの、
困った事に選手と区別がつかないケースがあり
更に困った事に選手が勘違いして
危害加えてしまったりと色々あったそうにゃよ。

 服装の変更は
最初はかなり不評だったものの
選手と審判との区別がはっきり分かるようになり
現在でもアメリカでは
フットボール・バスケットボール・ホッケーやレスリングなど
多くの競技で採用しているそうにゃよ。
選手も大事にゃが
競技全体の公平性を的確に判断し
ジャッジする審判も大事にゃよ。
選手の応援も良いにゃが
選手以外の職務をまっとうする人達も応援したにゃね。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『スマホ脳は危険』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

皆さんは普段スマートフォンやパソコンなどで
1日どのくらい時間を割いているにゃ?
インターネットの急速な普及は
様々な問題が科学では明らかになりつつあるにゃよ。
国を越えて個人個人の
インターネットの管理が必要な問題だらけにゃ。
皆さんは大丈夫かにゃ?
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

有名な『スマホ脳』の
執筆者スウェーデン精神科医
アンデシュハンセン氏は
ここ10年のスマホ・タブレット端末が
若者にどのように影響するのかを調査した結果、
1日2時間を超えるスクリーンショットタイムは
鬱のリスクを高め学習現場では
スマホを目に届く見える範囲や
そばに置くだけで
記憶力や集中力の低下に睡眠障害が
高確率で頻発するなど
人体に悪影響がある事を警告したにゃ。

日本でも東北大学医学研究所の
川島教授率いる研究・追跡調査によれば
(仙台在住の公立の小中高対象7万人の
児童・生徒を10年以上追跡調査)
スマホを全く使用しないグループと
長時間使用するグループとでは
4教科すべて学力テストに
大きな差が生じたそうにゃ。
さらに脳の構造でも
3年間の脳発達をMRIで測定すると
スマホ・タブレット端末使用頻度が多い子供たちは
3年前と今の脳を比べると
ほとんど差が無い・脳が発達していない事が
見つかったそうにゃよ。

脳の発達障害にも関与する
スマホ・タブレット端末にゃが
長時間使用を控えたり、
寝室に時計の代わりに置かなかったり、
スマホやインターネットから
少し距離を置く時間を作ったり、
食事中は食事や会話を楽しむ習慣を設けたりと
予防はいくらでもあるにゃが、
それが出来ない・落ち着かないとなると
依存していると認識した方が良いにゃよ。
『スマホ脳』にならない方が人間幸せにゃよ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『あの人昇進……なんで?』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

皆さんはこんな疑問があった事はないかにゃ?
会社や企業で働いていると
色々な特性を持つ会社員が多く中には
『何故?この人は昇進したのだろう』
『何故?上司はこの人をチームのメンバーに加えたのだろう』
『何故?この上司はこちらの話を聞かないのだろう』
何故?は会社に隠れているにゃよ。
そんな何故?
にこんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

アメリカ・メリーランド大学スミス経営大学院の
ニック・セイベルトによると
企業や会社の中にはある特性の人間を
あえて昇進せさている可能性があるそうにゃ。
『ダークパーソナリティ』
心理学においての定義として、
倫理観の欠如
・自己愛の強さ
・目的の為には手段を選ばない
といった気質を意味していて、
実は会社や企業の役職には
『ダークパーソナリティ』が多い傾向があるそうにゃ。

何故?多い傾向になるのか?
それは会社や企業が
業績を上げる必要に迫られた時、
経験豊富な幹部や採用担当者は
強い倫理観を持つ候補者よりも
ダークパーソナリティを持つ候補者を
責任者として推薦する傾向の結果そうにゃよ。
その責任者がそのまま居続ける事で
起きる社内環境は論理的ではない
理不尽さがまかり通る出来事が
勃発するかもしれないにゃね。

ションタならとっとと退職するにゃ。
相手は手段を選ばず自己愛が強く
こちらの意見はまず通じないからにゃ。
ストレスでズタズタになるよりかは
新しい職場にいた方が身体に良いにゃよ。
皆さんも気を付けてにゃ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『便利さの盲点』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

今や電子マネーは様々な場所で
絶え間なく動いているにゃよ。
身近で便利な電子マネーは
生活に経済に国境を越えて
豊かさを日々生んでいるにゃ。
日本でもスマートホンでの電子決済の普及率は
若者ほど進んでいるようで地域によっては
60%を超えているそうにゃよ。
そこでこんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

ある専門家は
『電子マネーの盲点は電力の供給が
何だかの問題が生じた際の
停止・停滞すると経済に深刻な影響を及ぼす』
と電力の供給の他に供給を妨げる
要素の防止策を促しているそうにゃよ。
更に電子マネーは震災に対しては
意味をなさないのではないか?
として
『緊急事態には人間は
どうしても現金=必要物資交換が主に行われる』
と通貨の歴史を振り返っていたにゃよ。

実際日本では
震災時や台風や水害時などの
停電など電力の供給がストップするにゃよ。
そうなるとどうなるのか?
スーパーや飲食店・コンビニに
働いていた経験がある方々は
わかる事にゃが会計時のレジスターが使えず
銀行の支店も停電すると
更に電子マネーは使えないそうにゃよ。
結局電卓と懐中電灯に
現金交換と便利さが無くなるそうにゃ。
コロナ禍で極力現金や商品の接触など
避ける傾向があるにゃが、
便利な物ほど実は盲点がある事を
知る事は大事にゃよ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『みんな老後が心配』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

ションタは日々老後の貯蓄を考えているにゃよ。
40才になるにゃが子供が3人と
義務教育期間中の内に出来る限り
高校学費・専門学校もしくは大学の教育費など
60才まで働くとして計算しながら頭を使っているにゃ。
実は40代50代は統計上
ほとんどの子供がいる世帯では
貯蓄が著しく低下する期間でもあるにゃ。
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

最新の貯蓄額の統計によれば
(税務申告からの情報や
メガバンク銀行などの調査から)
貯蓄が全くない30代から40代は
全体の約4割となっており50代になると
6世帯の内1世帯が貯蓄が無い状態だそうにゃよ。
さらに深刻なのが住宅ローンの返済期間の延長により
65才以上でも住宅ローン返済が残っていたり、
医療費がかさんだり、
ペットの飼育・医療費など
今の高齢者の体験談を聞くと
『意外な所で費用がかかる』
『思わぬ出費があり今の貯金額では生活が心配』と
意見が出ているにゃよ。

退職金があるじゃないか?
との意見もあるにゃが、
ここ数年で退職金は段々金額が減額しており
中には自分の退職金の金額が分からなかったり、
思ったより少なかったりと様々にゃよ。
専門家の意見としては
住宅ローン返済に退職金をあてる事は
お勧めしないそうにゃが
実状はそのように行動する人が多いにゃよ。

日々の生活で老後の生活が考えられないとは思うにゃが、
一番の心配でもあるお金の貯蓄は
どの年代でも大きな人生の課題にゃ。
まずは日々の貯金からコツコツ積み重ねから
不安を和らげる事から始めると良いかもにゃ。
お金はあった方が良いにゃよ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

ションタの受付日記 『震災からの防災』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

ションタはよく世の中の理不尽さに
怒りの感情が出るにゃ。
怒りの感情はそのまま理不尽な出来事を
いかに打破し改善できるか?
何か回避できる方法はないか?
と生きる知識を蓄え中にゃよ。
震災が起きれば必ず犯罪が増加し
子供や女性が犯罪に巻き込まれやすいにゃよ。
震災から子供や女性を守れるか?
他人事ではないにゃ。
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

いかに震災から女性を守れるか?
防災の最前線は避難所からの
初期行動が子供や女性を守る
最善の方法だそうにゃよ。
何故か?まず避難場所には統括する人物に
男性が多いにゃが過去の記録から
(神戸の震災から東日本大震災までの
性犯罪の記憶から)
男性の統括が多い避難場所ほど
実は犯罪が多い傾向があったそうにゃ。
支援物資でも中々生理用ナプキンや
下着に肌着などの遅延があり
服の着替えもままならない現状があったそうで
支援が行き届いていない実態があったにゃよ。

専門家の意見として
『女性も避難場所での
統括組織の一員として複数人の確保が重要』
として
『子供や女性の視点が防災に繋がる』
と指導や情報開示に支援にあたっていたにゃよ。
女性の自警団を各自治体や避難場所で
組織化する取り組みの推進を
働きかけているそうにゃが、
中々進んでいない残念な現状にゃが
防災の視点から女性の参加や意見は最重要にゃよ。

いつ起きてもおかしくない
南海トラフ巨大地震に立ち向かうには
避難所の安全・安心できる環境が大切であり
復興に向けての大きな一歩にゃ。
誰もが被災者であり
犯罪の被害者を出してはいけないにゃ。
子供や女性を守る事は
未来を繋げる・助けると認識し
避難場所の重要な責務と
頭に入れて地域に貢献したいにゃね。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ションタの受付日記 『自己責任な訳がない』

鍼灸整骨院健祥 受付の高松祥子です。

ションタはコロナで一番社会の中で
被害が出ているのは老若男女の中で
『女性』ではないかと思うにゃよ。
ニュースや書籍にインターネットから
様々な情報を蓄積してのションタの感想にゃが、
世の中どうも自己責任論が多く聞こえるにゃ。
本当に自己責任で済ませて良い問題なのか?
今直面している問題は近い将来
必ず自分たちに返ってくる問題にゃよ。
こんなうんちく話はどうかにゃ・・・。

ある調査によれば
コロナ禍の雇用環境は悪化しており
女性が一度退職や解雇になると
その中の4割は再就職が出来ない状況に
陥りやすいとの結果が出ているにゃよ。
都内のNPO法人でも
年末から年始に炊き出しや
貧困層にあたるホームレス支援を進めているにゃが、
今回のコロナ渦の影響が大きく
普段見かけない男女20代から40代の
比較的若い国民が炊き出しの行列に並んでいたり
支援センターを訪れたり、
中にはNPOスタッフの
地域の見守り巡回での発見が多い傾向が
今も続いているそうにゃよ。
自殺者も今年は多く命を守る取り組みは急務にゃ。

一方でこちらも深刻な問題として
出生率が段違いの低さで、
今年はコロナ渦でコンピューターのデータよりも
予測が大きく修正せれ
10年も早く国民の人口減少が起きると予想しているにゃ。
ションタもデータをのぞいてみたにゃが
将来の日本の人口が
かなり減少しているのはビックリしたにゃよ。

これでも自己責任ですまされるのかにゃ?
人口が減少すれば、
若い働き手が減少すれば、
間違いなく国益が減少し
日本人の文化や伝統が消失していくにゃよ。
担い手がいないと広い社会で支障が生じやすいにゃが、
そんな日本は住みやすいか?と疑問にゃよ。

皆様から喜びの声!
エキテンの口コミはこちら

ネット予約はこちらからどうぞ!

営業時間
月曜~金曜   午前9:00~12:00 ・ 午後15:00~19:00
土曜      午前9:00~12:00
定休日     土曜午後 ・ 日曜 ・ 祝日
住所      大阪府和泉市池田下町268-1 エイトワン池田下103
アクセス    泉北高速鉄道 ”和泉中央駅” から車で5分
電話番号    0725-92-9272