七夕イベント

こんにちは鍼灸整骨院いやし堂の濱川です。

梅雨にはいり雨や蒸し暑さが身にこたえますがいかがお過ごしでしょうか。

七月七日は過ぎてしまいましたが、いやし堂では七月イベントとして七夕イベントを実施しております。

織姫と彦星にちなんで、『彼氏彼女、夫婦』などを紹介してくれた双方に実費1,000円チケットをプレゼントいたします。

この機会に是非パートナーと一緒にご来院ください。

ケイ素

堺市南区にある鍼灸整骨院いやし堂の藤長です。

ケイ素は、様々な美容効果や健康効果を持っています。

ケイ素は、私たちの身体の中にも存在し、身体を構成する人体には欠かせないミネラルの一つです。

日本人は野菜や海藻から多くのケイ素を摂取してきました。

しかし、食生活が変化し、食事からとるケイ素は昔より少なくなっていると考えられます。

骨や皮膚の材料となり、血管を修復し、免疫力アップにも関わるケイ素が不足すれば、細胞は元気をなくし不健康な体にまっしぐらです。

また、体内のケイ素は加齢に伴い減少。だからこそ、十分な摂取が必要なのです。

ケイ素が不足すると

*髪が抜けやすい・・・血液がドロドロになる事で毛根に栄養が行かなくなり、抜け毛に繋がります。また、コラーゲンを束ねる結合が弱くなることも原因。

*肌がくすむ・・・肌サイクルが乱れ、古い角質が残ったままに。血行が悪くなり、色素沈着が解消されないためくすんだ状態に。

*むくみやすい・・・体内でのイオン交換が停滞し、水太りやむくみが発生。不要なものを排出するデトックス作用も弱まり代謝が落ちることも原因。

*爪が割れやすい・・・爪を構成する細胞同士の結合が弱くなるのが原因。細胞の新陳代謝も衰え、水分保持機能も低下してくると割れやすい。

*骨がもろくなる・・・しなやかな骨にはコラーゲンが不可欠。それを補強するのがケイ素。不足すると少しの衝撃で折れやすくなります。

などなど・・・

ケイ素は身体の中にある成分だからこそ不足させてはならないのです。